日向坂46・齊藤京子の『キョコロヒ―』「1000回どつきたくなる」凄絶芸人殺しトーク

拡大画像を見る

 テレビ朝日深夜バラエティ番組枠の『バラバラ大作戦』で、毎週水曜日深夜に放送している『キョコロヒー』。日向坂46の齊藤京子(23)とお笑いタレントのヒコロヒー(31)によるトークバラエティ番組だが、そこでの齊藤の異様なトーク力に注目する人が多いという。

「『キョコロヒー』は、いちおう“ダンスの魅力を掘り下げていく番組”というコンセプトを掲げているものの、実際は番組の大半が2人のトークで完結する番組。3月31日深夜の初回放送でヒコロヒーは、スタッフがヒコロヒーが“学生時代ダンス部だった”と勘違いしてオファーしたものの、実際は帰宅部だったことを明かしています」(女性誌記者)

 ちゃんとダンスに関する企画もあるものの、基本的に齊藤、ヒコロヒー、スタッフ(声だけ出演)らでだらだらトークをしながら進行する、むしろラジオに近いノリの番組である。

「齊藤はよくも悪くも純粋で知識ゼロなんですが、なぜかトークがいい感じに成立する絶妙なバランス感覚の持ち主。6月2日の放送回の未公開シーンで“どつきそうになったことは千度ある”“このご時世でアクリル板があってよかった”とヒコロヒーは齊藤についてコメントしていますが、実際はちゃんとトークが弾んでいて、ヒコロヒーも実に楽しそうです。ちなみに“どつき“については、齊藤は『アッパレやってまーす!〜土曜日です〜』(MBSラジオ)で共演している尼神インターの渚(36)にも、”同じこと言われた“そうです(笑)」(前同)

■「知恵があって知識がない」

 たとえば、6月15日深夜に放送した回は「番組の知名度を上げて夜8時台に昇格させよう!」というトークの際に「ビラ配りをしてはどうか」という案があったのだが、ヒコロヒーが「お金のない番組やから、タニマチ欲しいっていう意味でも麻布十番でやりたい」「ミニマリストが多い」と発言すると、「ミニマリスト……? あぁ~……」と、明らかによく分かっていない齊藤の様子にヒコロヒーは苦笑。「こういうのも覚えなさい!」とまるで保護者のようなコメントをしていた。

 しかも、スタッフの「タニマチをやり過ごしている」という問いに「下町的なことですか?」と齊藤はやっぱりタニマチの意味が分かっていなかっため、ヒコロヒーは「あしながおじさん(後援者)みたいな」と説明したのだが、それも理解できなかった齊藤は「…………1回、赤ちゃんに喋るみたいに言ってもらっていいですか?」と返し、「すまんなぁそんなこと言わせて」とヒコロヒーはあきらめの境地に入った。

「誰がどう見ても恐ろしいほどの天然キャラなんですが、本人は“インテリキャラ”を目指していると5月24日に『プレミアMelodix!』(テレビ東京系)で明かし、南海キャンディーズの山里亮太(44)を困惑させていました。同じ日向坂メンバーの加藤史帆が言うには“ひらめき力というか、クイズを解くとか謎解きとかメンバー1”らしく、山里に“知恵があって、知識がない”と評されていましたね」

■ノブコブ徳井も絶賛

『キョコロヒー』では、5月5日放送の回では車内で体育座りしていることを齋藤が明かし、「シートに足をあげている?」と尋ねたところ「えっと……まぁシュッと……」「シートって、どこでしたっけ?」と、最終的にはシートとシートベルトと混同していたことが発覚。大混乱のはてに、「シート。あれやな。イスやな」とヒコロヒーが正解を示してフォローしたのに、齊藤は「それがどうかしたんですか?」と、会話の趣旨をすっかり忘れた返し。「ホンマはね、足並みそろえて喋ってたいけど……」とヒコロヒーを困らせていた。

「5月19日に『オリコン』で平成ノブシコブシ・徳井健太(40)は『キョコロヒー』について“この2人って相手に気を遣っていないし、なんなら無視するときの“間”がいい”“いうなれば『すごく大事にしてるバイト先』みたいな感覚かな。『私たち、本業は別にあるけど、この職場は時給いいし楽しいから辞めたくなくて大事にしてるんだー』みたいな…”と絶賛していました。深夜帯にゆるく楽しめて、強烈な中毒性のある番組だ、ともっぱらです」(前出の女性誌記者)

『バラバラ大作戦』はテレ朝の低予算深夜枠として視聴者に受けいれられているが、『キョコロヒー』の大成功ぶりは、テレ朝も予想外だったかも!?

関連リンク

  • 6/27 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます