岡田准一「スムージー」二階堂ふみ「肉断ち」原田知世「白湯」!!一流の「有頂天メシ」!

拡大画像を見る

 芸能界でも随一のアクション俳優として確固たる地位を確立しているV6の岡田准一(40)。6月18日公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』でもド派手なアクションを見せつけている岡田だが、彼の肉体を支えているメニューがあるという。

「岡田は、肉体維持のためにトレーニングはもちろんのこと、食事にも気を遣っているといいます。6月22日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、岡田は腸に気を遣った食生活を送っていて、都内にあるジュース店のプロテイン入りスムージーを愛飲しているといいます。

 米ロサンゼルス発のお店で提供されるこのスムージーは、アーモンドミルク、バナナ、イチゴやブルーベリーも入っていて、デトックス効果や腸内環境を整えてくれるそう。価格は120mlで1300円(税込)だそうです」(女性誌記者)

 肉体や美貌の維持のために摂取しているこだわりの一品。岡田と同様、一流の役者たちは、どのような食事で身体を整えているのだろうか。

■肉断ちで朝ドラ以来の主演作へ!

 2020年前期のNHK朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの関内音役を好演した二階堂ふみ(26)。彼女は、7月13日から放送予定のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)で、『エール』以来の連ドラ出演を果たす。

「二階堂は、『プロミス・シンデレラ』の主人公が華奢とあって、より一層体型に気を遣っていると6月22日発売の『女性自身』(光文社)では伝えています。そんな二階堂は、運動に関しては1日2時間の愛犬の散歩だけでジム通いはしていないといいます。運動は軽いぶん、食事は菜食中心で肉は食べないそうです。野菜や魚や豆製品を主にした食生活で体調も良くなったそうで、一番のパワーの源はゴーヤだという話ですね」(前出の女性誌記者)

 6月18日発売の『FRIDAY』(講談社)で椎名桔平(56)とのデートが報じられた原田知世(53)。デビュー以降変わらぬ美貌で一流俳優の椎名も魅了したが、そこには、やはり秘訣があったようだ。

「6月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、原田は流行りのエクササイズに積極的に挑戦するほか、朝目覚めるときと就寝前に“白湯”を飲むといいます。原田は食べるのが大好きで、しっかり食べるぶん、白湯で身体の調子を整えているのだそうです。

 白湯は血液を温めて、血の流れを良くする効果がある。それが体に溜まる老廃物を排出するデトックス効果につながり、肌のトラブルなどが改善されるそうです。原田の年齢を全く感じさせない超美肌の裏には、白湯があるということですね」(前同)

■何にでも牛乳を合わせる男!

 6月19日に主演ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)が終了した菅田将暉(28)。2022年1月からも主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)の放送が控えている。

「菅田は、2017年8月放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演した際、“なんにでも牛乳を合わせる”と明かしています。菅田は、お米を食べるときにも牛乳を飲むそうで、“牛乳は固形物と一緒に食べるからうまい”のだといいます。あまりにも牛乳が好きすぎるせいか、菅田は父親から事あるごとに“牛乳飲むか?”と聞かれてしまうそうですよ。牛乳といえば、成長期のカルシウム摂取に適していると言われますが、菅田は単純に好きで、彼の中では趣向品的なドリンクなんでしょうね」(芸能記者)

 2月14日からNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主演を務めている吉沢亮(27)も食事にこだわりがあるという。

「2020年8月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した吉沢は、共演した柄本佑(34)から“コンビニで塩むすびを購入して食べている”と指摘されます。これだけなら普通なのですが、吉沢はおにぎりだけでなく、飲み物も水で、おかずは一切なし、さらに“蕎麦もざるで食べますよ”と、素材の味が楽しめるシンプルなメニューを好んでいると話していました。今、添加物など余計な食品を極力体に入れない健康法が人気ですが、吉沢のシンプルな食事もそういうことなのかもしれませんね」(前同)

 雨上がり決死隊の宮迫博之(51)がYouTubeでスタートさせた『有頂天レストラン』さながら、それぞれの至高の一品があるのは珍しくないようだ。

「体調管理が重要な役者業ですが、多忙な日々で健康を維持するのは簡単なことではありません。一流俳優たちは、栄養のバランス、また自身が精神的にリラックスできる食べ物をよく選んで、口に入れているのでしょうね」(前同)

“一流”たちは、食事もまた一流のようだ。

関連リンク

  • 6/27 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます