水谷豊「『相棒』終了までソリと」!相思相愛の裏に反町隆史の究極「一途愛」!!

拡大画像を見る

 今年で21年目に突入した、水谷豊(68)主演の人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)。今秋からはシーズン20がスタートするが、今作の相棒も反町隆史(47)が務めることになる。

 6月22日発売の『女性自身』(光文社)では、来年撮影する2023年公開予定の劇場版まで反町が出演することが内定していると報じている。

 2015年に4代目相棒に就任した反町だが、ドラマ8シーズン、さらに映画2作品で相棒を務めることになる見込みで、初代の寺脇康文(59)を抜いて歴代最長の相棒になる。

 水谷は反町のことを“ソリ”と呼び、公私ともに親しくしているという。水谷には『相棒』に出演するための“絶対条件”があり、それは「反町が相棒を務め続けること」だと『女性自身』では伝えている。

 記事によると、以前はテレビ朝日サイドも仲間由紀恵(41)や元SMAPの稲垣吾郎(47)など、次の相棒候補をリストアップしていたというが、ここ数年はそういうこともなくなったという。

「事実上、ドラマのシリーズが終了するまで反町さんが相棒を務めることは決まっているということですが、それだけ水谷さんが反町さんを信頼しているということですよね」(ドラマ制作会社関係者)

■撮影現場もプライベートでも2人は“相棒”

 プライベートでも、反町は水谷の“相棒的存在”だという。

「『相棒』の地方ロケで焼肉屋に行ったときには、反町さんが水谷さんの肉を焼いて取り分けるという報道もあります。ただ、それだけでなく、地方ロケのホテルでは、水谷さんの指令で共演者の愚痴や悩みを反町さんが聞きに行ったり、部屋飲みをしたりもするそうですよ」(前出の制作会社関係者)

 撮影の休憩中には2人が隣り合って座り、水谷が疑問に感じたことを反町がスマホで調べてあげることもあるというから、その親密さがうかがえる。

「水谷さんと反町さんは家族ぐるみの交流をしていて、一家で水谷さん宅で行われるホームパーティにも顔を出し、伊藤蘭さん(66)の手料理に舌鼓を打つこともあるようです。また、家族旅行にも一緒に行く仲だともいいます」(前同)

 反町の長女はクラシックバレエを習っており、バレリーナを目指していた水谷の娘で女優の趣里(30)からアドバイスを受けることもあると、2019年11月の『週刊女性PRIME』では伝えている。

■趣味優先の反町は「仕事は『相棒』だけでもいい」!?

 芸能プロ関係者はこう話す。

「反町さんはある意味で水谷さんの“部活の後輩”のような存在ですが、反町さん自身が体育会系の熱い人で、そういった上下関係はまったく苦ではなく、水谷さん、そして『相棒』スタッフとの“ファミリー感”が気に入っているそうです。

 また反町さんは、仕事でスケジュールをすべて埋めたいという仕事人間ではなく、趣味を優先したタイプだそうで、『相棒』の撮影がない時期には滋賀県の琵琶湖の別荘に長期間滞在して、趣味のバス釣りに興じているといいます。本人は“仕事は『相棒』とCMだけでもいい”と考えているとも聞こえてきていて、それだけ『相棒』を一途に愛しているということでしょう。

『相棒』は2クールにわたって放送されますから、それだけで結構な収入になる、というのも大きいでしょう。悪く言えば『相棒』以外はやる気がないというふうにも見えますが、そうではなく、反町さんはそれだけ『相棒』に賭けているということなのかもしれないですね」

 水谷に「杉下右京として最後まで駆け抜けてほしい!」という熱い思いで、反町は全身全霊で最高の相棒でありつづける!

関連リンク

  • 6/27 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます