シントトロイデン伊藤達哉、右足肉離れで最大8週間離脱「また這い上がります」

拡大画像を見る

 シントトロイデンは26日、MF伊藤達哉の負傷を発表した。

 伊藤は19日に行われた親善試合のゼッペレン・ブルステム戦で負傷。検査の結果、右ハムストリングの肉離れで、受傷日から全治6〜8週間と診断されている。

 負傷発表日の6月26日に24歳の誕生日を迎えた同選手は自身のInstagramで、「24歳の誕生日を人生初めての肉離れと迎えました! 中々上手くいかないシーズンが続いてますが、周りを見ず自分にだけ集中してまた這い上がります」とつづり

 伊藤は2019年夏にドイツのハンブルガーSVからベルギーのシントトロイデンに加入。2020-21シーズンは公式戦8試合に出場し、1ゴールを記録した。

関連リンク

  • 6/27 7:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます