男友達と遊ぶことを控えて欲しいときの一言8パターン

友達が多い彼女だった場合、男友達と遊ぶことが多いもの。つい男友達に対して、嫉妬心が芽生えてしまうものです。男友達と遊ぶことを控えてもらうには、彼女にどのような声をかければ良いのでしょうか。そこで今回は、自分の意思が伝わるように「男友達と遊ぶことを控えて欲しいときの一言8パターン」を紹介させていただきます。

【1】「男友達と遊びに行かないで。」
男友達と遊んで欲しくないことをストレートにお願いするパターンです。率直に伝えることになり、彼女に「悪いことをしたかも」と気づかせる可能性があります。ただし、「弱々しい男」だと思われる恐れがあるので、リスクのある表現と言えるでしょう。

【2】「他の男と遊んでいることを聞くと、ちょっと落ち込む。」
「ちょっと落ち込む」など、自分の感情について素直に表現するパターンです。自分の感情を伝えることで、彼女に自分の気持ちを理解してもらえる可能性があります。寂しそうに伝えることで、効果的に伝えることができるでしょう。

【3】「男友達と遊んでいることを聞くと、心配になる。」
「心配」という言葉を用いて、寂しさをアピールするパターンです。心配という言葉を使うことで、彼女に不安な気持ちを理解してもらえるでしょう。ただし、「何が心配なの?」と質問される可能性があり、答えを用意しておく必要がありそうです。

【4】「俺が女友達と遊びに行ったらどう思う?」
立場を置き換えて、質問するパターンです。彼女が彼氏の立場に立って考え、男友達と遊ぶことを控えるようになるかもしれません。ただし、立場を置き換えて質問しても、場合によっては「女友達と遊んでもいいよ。」と言い放たれる恐れがあります。

【5】「遊んでもいいけど、事前に報告してくれると嬉しい。」
男友達と遊ぶ場合には、事前に報告して欲しいことを伝えるパターンです。事前の報告をお願いすることで、心配していることが伝わるかもしれません。ただし、「束縛されている!」と感じる女性もいるので、報告することを押し付けることは避けた方が良さそうです。

【6】「遊びに行くのはいいけど、男友達の家に行っちゃダメだからね。」
「家に行ってはダメ。」、「朝まで遊んではダメ。」など、遊びに行くことは許しつつ、限定条件をつけるパターンです。遊びに行くことを全面的に否定するわけではないので、彼女の機嫌を損ねずに済むかもしれません。

【7】「俺のことも構ってくれ!」
自分の気持ちを思い切り伝えるパターンです。ストレスを溜め続けた場合、感情的になりながら、このセリフを伝える男性もいるようです。ただし、「ワガママな男」だと思われ、愛想を尽かされる恐れがあるので注意が必要です。

【8】「俺は信頼しているから。」
敢えて信頼していることを伝え、彼女の反省を促すパターンです。心の広さをアピールすることができます。ただし、彼女に鵜呑みにされて、「男友達と遊ぶことを控えて欲しい」というメッセージが伝わらない可能性があります。

実際、彼女に言うことができそうな一言はあったでしょうか。また、今回紹介したセリフ以外に有効な一言があればぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/27 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます