「この子誰!?」ジャニー氏がタイで発見!Snow Man向井康二、奇跡のデビュー秘話

拡大画像を見る

 6月23日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で、Snow Manの向井康二(27)が奇跡的なジャニーズ入所秘話を明かし、MCの所ジョージ(66)を驚かせた。今回番組には、向井の他、スペシャルゲストの米倉涼子(45)らが出演。佐藤栞里(30)から「皆さんの芸能界デビューを聞いてみたい」と言われた米倉は、1992年の第6回「全日本国民的美少女コンテスト」で“審査員特別賞”を獲ったことがデビューのきっかけだと語った。

 続いて聞かれた向井は「僕、ちょっと珍しいパターンでして」と切り出し、自分の母親がタイ人で、「お母さんとタイに帰って、帰ったらムエタイを習ってたんですよ」と告白。その後、向井たちは日本に戻ってきたが、当時ジャニーズ事務所の社長だった故ジャニー喜多川氏がたまたまタイに行き、向井が通っていたムエタイジムを訪れた。

 ジャニー氏は、そのときジムに飾ってあった向井の写真に注目。「おぉ、この子誰だ!?」と興味を持ち、喜多川氏自ら「もしもしジャニーですけど」と向井の家に連絡してきという。しかし、いきなりの電話だったため「お母さんも嘘やと思って、いったん切ったんですね」と向井。向井はジャニー氏からの電話が「5回ぐらい続きまして」と振り返り、「滝沢くんのなんかコンサートに呼ばれたんですよ」と、滝沢秀明(39)のコンサートに招待されたと回想。

■タイに行かなかったら今はない

 当時小学2年生だった向井は、喜多川氏に「まだちっちゃいから、あと4年後に」と言われ、2006年に無事ジャニーズに入所。所が「ジャニーさんがタイに行かなかったら事務所とか、今はないんだね」とびっくりすると、向井も「入ってないと思います」とうなずいた。

 ちなみに、向井には2歳上の兄・達郎がおり、元ジャニーズ。ジャニーズJr.の頃、向井は兄とのユニット“ムエタイ向井ブラザーズ”として活動していた。今年3月『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際、向井は当時を振り返り、2007年に関ジャニ∞のバックダンサーとして同番組に出演していたことを明かした。

 また今回、タイ人の母親について語っていたが、母親はタイの元軍人でサバイバル術に長けているという。昨年放送された『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)で無人島脱出企画に参加した向井は、母親から伝授された「飲み水の作り方」や「いかだの作り方」などを披露し、スタジオを驚かせた。向井は、そんな母親が大好きで、これまで“世界3大美女”に母親の名前を挙げたり、バラエティで母親との爆笑エピソードも語っている。

 奇跡的にジャニーズに入所し、今売れに売れている向井。ジャニー氏の目は確かだったようだ。

関連リンク

  • 6/27 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます