ユージ、コロナ禍での気づき「いまだからこそできることって、探してみるといろいろある」

拡大画像を見る

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、6月14日(月)~6月18日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


ユージ、吉田明世



◆2.7倍
動物愛護団体ブルークロスによると、去年イギリスで起きた犬の盗難事件は、前年比2.7倍となり、1日当たり7匹の犬が盗まれたことになります。その背景には、都市封鎖でペット需要が高まったことがあるとのこと。マイクロチップを埋め込んである犬の場合、運が良ければ発見されるケースはあるものの、ほぼ飼い主のもとに戻ることがないのが現状のようです。

ユージは「新型コロナウイルスの感染拡大によって、犬が盗まれる事件が増えるなんて想像もできなかった」とその因果関係に驚きの様子。

◆13歳の娘になりすまし
13歳の娘が通う中学校(アメリカ・テキサス州)に、母親が娘になりすまして潜入し、不法侵入の罪で逮捕されました。さらにこの母親は、潜入の模様を自身のYouTubeチャンネルに投稿。その動画によると、母親はほぼ1日、バレることなく学校にいたとのこと。

この母親は、「学校のセキュリティの甘さが証明された」と話していたことから、そのことを主張したかったのではと見られています。アメリカでは、学校内での銃撃事件がたびたび発生しているだけに、吉田は「訴えたいことはなんとなくわかるけど」と言いつつも「(潜入の模様を)YouTubeに投稿するというのは、迷惑YouTuberを思い起こすし、褒められた行為ではない」と指摘しました。

◆2.03倍の速さ
セイコーホールディングスが、全国の10~60代の男女1,200人を対象に、「2020年の時間の速度はどのくらいに感じたか」というWebアンケート調査を実施したところ、2020年の体感速度は平均で「2.03倍」という結果になりました。

この結果について、千葉大学大学院の一川誠(いちかわ・まこと)教授は、「年齢を重ねるごとに時間の経過は速く感じようになるものですが、今回の調査では若い人ほど(2020年の体感速度が)速いという逆行した結果になっている」と指摘しており、その理由については「入学式や授業、サークル活動も期待とはかけ離れた現実で、振り返るとぼんやりとした1年で、思い出が極端に少ない時間を過ごすと、そのときは“長い”と感じていても、振り返るとあっという間に感じがち」と分析しています。

コロナ禍ではさまざまなイベントが中止を余儀なくされたこともあり、ユージも「確かに、意外と何もないときのほうが、1日がパッと過ぎてしまって、気づいたら“あれっ!? もう半年経っている?”、“もう1年経った?”と思うのかもしれない」とうなずきつつ、「(コロナ禍の)いまだからこそできることって、探してみるといろいろあるので、チャレンジしてみるのもいいかもしれない」と話していました。

◆VTuber1人 任命
埼玉県は県内の観光業を盛り上げるため、県公認のバーチャルYouTuber(VTuber)を7月1日(木)~20日(火)の期間において、特設サイト上で公募すると発表しました。採用されたVTuberは、バーチャル観光大使として、県内の観光地や特産品を動画で紹介するとのこと。

ユージは「VTuberって活躍の幅が広がってきているとよく聞くし、これは面白い取り組み。これを県でやるというのもすごく面白い!」と評していました。

◆18万7,920円
ソフトバンクが、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を発表。7月以降の発売予定で、6月18日(金)から予約受付を開始。価格は、18万7,920円(税込)を予定しています。

吉田が「ライカのカメラに憧れがあるし、気になる!」と興味を示すと、ユージも「これ、ちょっと気になっていたんですよ。ライカのカメラにスマホ機能が付いているものだと思えば、値段的にそう高くないと思う。(デザインも)かっこいい! これは気になる! (実際に)触ってみたいし、(これで撮った)画像を見てみたい」と注目していました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

関連リンク

  • 6/27 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます