エビ中[ライブレポート]5つの動くステージで立体的なライブを披露!この公演のみの選曲も<Concept Live~MOVE~>最終・名古屋公演にて

私立恵比寿中学が本日6月26日(土)に名古屋・日本特殊陶業市民会館 フォレストホールにて、<Concept Live~MOVE~>最終公演を開催した。本記事ではそのオフィシャルレポートをお届けする。

同ライブは、今年3月に出演し、その斬新なステージングで各方面から高評価を得た<Dive/Connect>での演出を担当したU-SKを再び演出監督に迎えて展開する、大宮、川崎、名古屋の3回のみの貴重なコンセプトライブ。

いつものステージとは一味違った、まさにエビ中を“動き”で見せる注目の公演となっており、初日6月6日(日)の大宮でのライブは久しぶりの満員の有観客に加え、ニコニコ生放送による無料配信も実施され、視聴者数は2万人を超えるという大好評の内容となった(安本彩花、新メンバーの出演はなし)。

ライブはおなじみの登場曲「ebiture」に乗せて、これまでのライブの名シーンが紗幕に投影されたところから、「あたしきっと無限ルーパー」で5人が幕越しで登場しスタート。「CHAN-CHARA-CHAN」で幕が落ちると一気に会場のボルテージはアップ。今回のツアーで印象的な5つの動くステージを利用して立体的な演出を見せ、そのまま疾走感あるブロックヘ。

自己紹介MCでは小林歌穂が“エビフライサンドを食べた”話でなごませ、真山りかが“会いたかった名古屋!”と言い、<Dive/Connect>でも好評だった「曇天」へ。続く「踊るロクデナシ」では赤い緞帳が開き、再び動くステージセットを利用したダイナミックなフォーメーションを展開。その後「自由へ道連れ」、名古屋公演のみの選曲「Family Complex」をパフォーマンスした。

ここで真山、柏木ひなたが「クイズ・ぴったんこ」のコーナートークを披露したのち、ヘッドセットマイク、ポップな衣装に切り替えた星名美怜、小林、中山莉子による「藍色のMonday」、シックな衣装の真山、柏木による「日進月歩」と、ユニットよるアクティブなパフォーマンスを見せる。

再び衣装を変えた5人で「PLAYBACK」、斬新な演出のダンストラックをはさんでマイクスタンドを手に「愛のレンタル」と、まさに目の離せないスピーディーな展開と練りこまれたフォーメーションを披露した。

するとここで突然の振り付け講座MCが始まり、「Lon de Don」で声を上げられないオーディエンスを盛り上げる。“こ、この匂いは⁇”という中山の絶妙な繋ぎから、「パクチー」、「バタフライエフェクト」、「イエローライト」と続け、メンバーカラーの印象的な照明が当てられた動くステージを駆使して、会場をさらにヒートアップさせた。

続くブロックではハイチェアが並べられ、キャンドルライトの灯りを手にしっとりと「シングルTONEでお願い」を歌唱。そこから立ち上がってそのまま「I‘ll be here」 を歌い、ナイトムードあふれる世界観を作っていく。続く「参枚目のタフガキ」では再びメンバーを乗せた5つの動くステージがアクティブに動き、オーディエンスを盛り上げた。

最後のMCでは“みんなで大きな音を奏でて!”という星名の言葉に続き、イントロでこの曲への想いを熱く真山が語り、万雷のクラップとともに「ジャンプ」をパフォーマンス。会場全体がまさに1つになった瞬間だった。

メンバーのあいさつから幕が下りライブは終了、と思いきや、幕には引き続き照明が。鳴り止まないアンコールクラップに応えるように、なんと最終日だけのアンコール曲「響」を披露した。3年前の6人体制スタートにあたって発表された、ファミリー(エビ中ファンの愛称)には忘れられない曲だ。エンディングでは、メンバー5人がスクラムを組み感極まった様子に、会場も感動の嵐に包まれた。

そしてステージ復帰が待ち遠しい安本彩花のメンバーカラーであるグリーンに、新メンバー3名の赤・白・ライトグリーンの3色が加わった9色のメンバーカラーのスポットライトでライブは締めくくられた。

なお、本日6月26日(土)21時より、初日6月6日(日)の大宮公演でのラスト曲「ジャンプ」のライブ映像が『エビ中のエビちゃんねる!』にて公開されている。

加えて、5月に加入した7年ぶりの新メンバー、桜木心菜、小久保柚乃、風見和香がその大宮公演に帯同した密着映像「【エビ中特設Ch】新メンバー初ライブへの道!全盛りMIX#17」も解禁されている。

さらに8月21日(土)と22日(日)には神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場にて2年ぶりの夏の野外イベント<みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫>を開催。新メンバーの初パフォーマンスを披露する。

それに先立ち、8月18日(水)には新メンバーを迎えた新曲「ファミえん‘21のテーマ」を含む、これまでの<ファミえん>のテーマのベストソング集とも言える内容のCDアルバム『FAMIEN'21 L.P.』をリリースする。

<Concept Live~MOVE~>

2021年6月26日(土)
名古屋・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

1.あたしきっと無限ルーパー
2.CHAN-CHARA-CHAN
3.HOT UP!!!
4.シンガロン・シンガソン 
5.曇天
6.踊るロクデナシ
7.自由へ道連れ
8.Family Complex
9.藍色のMonday(MOVE ver.)
10.日進月歩(MOVE ver.)
11.PLAYBACK~愛のレンタル(MOVE ver.)
12.Lon de Don
13.パクチー
14.バタフライエフェクト
15.イエローライト
16.シングルTONEでお願い~I’ll be here(MOVE ver.)
17.参枚目のタフガキ
18.ジャンプ(MOVE ver.)
EN.響

『FAMIEN'21 L.P.』【初回仕様限定盤】

2021年8月18日(水)
SECL-2684 ¥3,300
トレーディングカード2種封入 スペシャルペーパーケース

・「ファミえん'21」の新テーマソング(新曲)
・ラブリースマイリーベイビー
・誘惑したいや
・ナチュメロらんでぶー
・summer dejavu
・HOT UP!!!
・イート・ザ・大目玉
・朝顔
・青い青い星の名前
・23回目のサマーナイト
ほか、全12曲収録予定

<みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫>
8月21日(土)、22日(日)
神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場

関連リンク

私立恵比寿中学 オフィシャルサイト

関連リンク

  • 6/26 22:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます