「日本文化が大好き」イギリス人男性が10年かけて完成した日本庭園に称賛の声

拡大画像を見る

このほど英ブリストル在住のマーティン・フィットンさん(Martin Fitton、53)が自宅の裏庭に造った日本庭園が地元で注目され、英メディア『Mirror』などが伝えたことでさらに多くの関心を集めている。マーティンさんは、庭の設計から構築まで全て自分の力で手がけたという。

マーティンさんが日本庭園を造ろうと思い立ったのは2009年頃で、イギリスにある有名な日本庭園の景色を見て自分の庭にも取り入れたいと思ったそうだ。また以前から祖父に魚を飼うように勧められており、25年間も錦鯉を飼育して少しずつ増やしてきたとのことだ。

マーティンさんは庭を完成させるまでに10年ほどかかっている。池を造って錦鯉を放ち、もともとなだらかな庭の斜面には4段のエリアを設け、砂利を敷いた見事な石庭や池に架かる太鼓橋、そして茶室までこしらえた。茶室に設置された丸窓は、まるで京都にある源光庵の「悟りの窓」を彷彿させる。

マーティンさんのこだわりは見た目だけではなく、使用する木材においても耐久性に優れた日本の伝統技術の焼杉(やきすぎ)を施した板を使っている。マーティンさんが庭の写真や動画をFacebookに投稿すると、多くの人から次のようなコメントが寄せられた。

「信じられないほどの偉業だ! 庭の隣にあるヨーロッパ風の家が写っていなければ、これが本当にイギリスの庭だなんて信じられないよ。」
「ただただ素晴らしくて美しい! いつもあなたの投稿は日本に行った気にさせてくれます。ありがとうマーティン。」

中には「ワオ! こんな素晴らしい庭を造ったのはどこの業者なの?」と質問が届き、マーティンさんが「全て自分自身で造った」と答えると「あなたはなんて素晴らしい日本庭園のデザイナー兼建築家なんだ!」と驚きの声をあげていた。

今回マーティンさんにコンタクトを取ったところ、彼は「僕は日本文化を愛してるんだ! そして日本の真の姿を理解しようといつも最善を尽くしているんです。日本のメディアで僕の庭を紹介してもらえるなんて本当に光栄だよ」とコメントした。

またマーティンさんは「日本の皆さんにぜひ見てもらいたい」と庭の動画を新たに撮り下ろして、今月25日に彼が運営するYouTubeチャンネル「Koi,Ponds,Japanese Style Gardens」に動画を公開している。そんなマーティンさんの夢は、日本を訪れて本場の日本庭園を目にすることだそうだ。

画像は『Martin Fitton 2021年6月13日付Facebook「Morning」、2021年6月1日付Facebook「Nice to have some decent weather over the weekend to relax in the garden」、2021年6月7日付Facebook「What a great weekend, met some lovely people, the response was amazing and we raised money for charity.」、2021年5月4日付Facebook、2021年3月31日付Facebook「Thank you all so much for your Birthday wishes.」』より
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 6/26 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます