イメージ悪化の熊田曜子、ママ友にもそっぽを向かれ四面楚歌状態?

拡大画像を見る

 タレントの熊田曜子とその夫・A氏の間で勃発している、夫のDV疑惑と熊田の不貞疑惑を巡る両者の自己主張合戦が、泥仕合の様相を呈している。

 そんな中、6月22日発売の「週刊女性」が、熊田のプライベートでの近況について報じた。

 記事によると、熊田は娘が通うインターナショナルスクールの保護者の間で“腫れ物に触るような扱い”をされているというのだ。

「熊田のDV告発が報じられた直後、ママ友の間では熊田に対し同情・心配する空気が強かったようです。ところがその後、A氏の反撃が始まり、熊田の不貞疑惑や音声まで明らかになりました。熊田が知人と電話で話す音声は、彼女の不貞を裏付けるような内容です。そのためママ友たちも熊田さんに対して引いてしまい、応援する声は聞こえなくなってしまったようですね。そうした空気を感じたのか、熊田さんは目に見えてイライラしており、娘さんも熊田さんを怖がり距離を取っているように、ママ友たちは感じているようです。こうなると気の毒なのは3人の娘さんたち。夫婦にとってお互い許せない部分はあるのでしょうが、もう少し子供のことを考えていただきたいものです」(芸能誌ライター)

 夫・A氏との対立だけでなく、元カレからもA氏の肩を持つようなコメントが飛び出し、ファンからも厳しい批判が出る中、ママ友にもそっぽを向かれてしまったのだとすれば、熊田はまさに四面楚歌の状態。

 この苦境を跳ね返す秘策はあるのだろうか。

(石見剣)

関連リンク

  • 6/26 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます