スライド式モバイルゲーミングPC ジョイスティック備えた携帯型2種

拡大画像を見る

パソコン(PC)パーツなどを扱うリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、スライド式のモバイルゲーミングPC「GPD WIN 3」2モデルを2021年6月30日に発売する。

「Core i7」&「i5」搭載の2モデルを用意

いずれも、タッチ対応の5.5型(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレー、ジョイスティックを搭載した携帯型。

CPU(プロセッサー)はインテル「Core i7-1165G7」「Core i5-1135G7」、内蔵GPU(グラフィックス・プロセッサー)機能「Iris Xe Graphics」によりパワフルなグラフィックスを実現。

OSは「Windows 10 Home」をプレインストール。メモリーは16GB、内蔵ストレージは1TB M.2 SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。Thunderbolt 4、USB 3.2 Gen 2 Type-A各1ポートを装備。IEEE 802.11ax準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

市場想定価格は、「Core i7-1165G7」搭載モデル(カラーはブラック、シルバー/ブラックの2色)が14万9800円(以下全て税込)。「Core i5-1135G7」搭載モデル(カラーはブラック)が13万4800円。

このほか、USB Type-C×1、同Type-A×3、有線LANポート、HDMI出力などを備えた専用のドッキングステーション「GPD WIN 3 Dock Station」(価格は8980円)、メッシュ式の内ポケットを配したキャリングケース「GPD WIN 3 protection case」(3080円)なども発売する。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/26 18:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます