【宝塚記念】サイレンススズカ唯一の勲章となったサマーグランプリ/名勝負列伝

拡大画像を見る

 13頭立てとなった今年の宝塚記念。クロノジェネシス、レイパパレというGI牝馬が上位人気を占めそうだが、1998年もエアグルーヴ、メジロドーベルというGIウイナーがタイトル奪取を狙い、牙を研いでいた。そのレースを鮮やかに逃げ切ったのがサイレンススズカだ。待望のGI初制覇となった当時のレースを振り返る。

■破竹の5連勝でGIタイトルを奪取

 フルゲート18頭に対し出走馬は13頭にとどまったものの、4連勝で前走・天皇賞(春)を制したメジロブライト、武豊騎手が手綱をとる女傑エアグルーヴ、前年のグランプリホース・シルクジャスティスなどが参戦。他にも前走の鳴尾記念でエアグルーヴを降す大金星を挙げたサンライズフラッグ、2冠牝馬メジロドーベルなど個性豊かなメンバーが顔を揃えた。

 その中で、1番人気に推されたのがサイレンススズカ。4歳時は弥生賞でゲートに潜り外枠発走になるなど気性面の不安定さが目立ったが、大逃げ戦法に開眼したこの年は、バレンタインSから金鯱賞まで破竹の4連勝。特に金鯱賞では前半1000m58.1秒のハイペースで飛ばすと、直線でも余裕の手応えで一人旅。2着ミッドナイトベットに1.8秒差をつけるという、ファンの度肝を抜くパフォーマンスをみせつけていた。

 宝塚記念でのサイレンススズカの単勝オッズは2.8倍。ベストよりもやや長い2200m、左回りに比べてパフォーマンスが落ちる右回り、そして乗り替わり(主戦の武豊騎手は先約のあったエアグルーヴに騎乗)などいくつかの不安要素を抱えており、新星誕生への期待と馬券的な不安が入り混じる、微妙なファン心理を表した数字だったと言えよう。

 レースは2番人気のメジロブライトがゲート内で暴れて外枠発走に。ざわつく場内の雰囲気に動じることなくサイレンススズカは13番枠から好スタートを切る。サッと先手を奪うと、前半1000m通過は58.6秒。メジロドーベルが2番手で続き、エアグルーヴは中団から、シルクジャスティス、メジロブライトは後方に待機する。

 サイレンススズカは、いつものような飛ばす競馬ではなく、中盤でペースを落とし息を入れたため、追走する各馬も早めに進出を開始。4コーナーで後続との差が3馬身まで縮まると、直線では、外から早めに動いたステイゴールド、さらには馬場の真ん中からエアグルーヴが猛追する。

 しかし内からサイレンススズカがもう一度脚を使うと、馬体を合わせることなくリードを保ったままゴール。4度目の挑戦で、念願のGIタイトルを手中に収めることに成功した。
 
 前出の金鯱賞、そしてエルコンドルパサー、グラスワンダーを子供扱いした毎日王冠など、サイレンススズカには印象的なレースが多いため、この宝塚記念をベストレースに挙げるファンは少ないかもしれない。

 しかし、改めて戦歴を振り返れば、個性派の人気者から現役最強の座を確かなものにした、非常に意味のある一戦だった。

 今年の宝塚記念では、強い逃げ馬が現役最強馬に挑戦する。23年前と同じように、最強位を継承する戦いになるのだろうか。

(※馬齢は旧表記を使用)

関連リンク

  • 6/26 17:17
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます