鳩山由紀夫氏 陛下は影響の大きさ考え長官に言わせた、宮内庁長官「拝察」発言

拡大画像を見る

 鳩山由紀夫元首相が24日、ツイッターに投稿。宮内庁の西村泰彦長官が同日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて「国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べたことに言及した。

 鳩山氏は「天皇陛下は、名誉総裁をされておられる東京五輪を開催してコロナの感染が拡大するのではないかと懸念を示された。加藤官房長官はこれは西村宮内庁長官の意見だとして矮小化しようとしているがそれは違う。陛下はご自分が述べると影響が大き過ぎるから長官に言わせたのだ。陛下のお考えを忖度すべきだ」と投稿した。

 西村長官は定例会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて、「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた。

関連リンク

  • 6/26 15:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます