おいでやす小田 「売れて変わった」ブレーク後のひょう変暴露に大慌て

拡大画像を見る

 昨年のM-1グランプリでユニットを組み、準優勝したおいでやすこががカンテレのトークバラエティー「おかべろ」に出演。M-1でのブレーク以降、超売れっ子になった2人だが、おいでやす小田が複数の芸人仲間からのクレームを受け大慌てした。

 ピン芸人・とにかく明るい安村が番組に寄せた暴露メッセージでは「小田君は売れて変わってしまった。前はインスタに三浦マイルドを載せていたのに、売れてからは全く載せなくなった」とツッコミを受けた。

 MCのナインティナイン・岡村隆史が「お前、三浦マイルド切ったんやろ!」ととがめると、小田は「これはマジです。じゃなくて」と言いながら否定し「現場で会う回数が減っただけ。前は舞台とか一緒に出てたから会うので載せてたけど、今はありがたいことにテレビとか出してもらうので、会う機会がないっていうだけです」と必死に説明した。

 MCのNON STYLE・石田明が「住む世界が変わったということ?」と面白がって指摘すると、小田は「違うやん!なんでそんな言い方するん?」と反ギレになりながら否定。

 また、当の三浦からのメッセージには「この前、『お前が出られるテレビは霜降り明星だけ』とか『粗品の子分が!』と吐き捨てるように言われました。あと、小田のバーターで番組に出た時に『オレのおかげやな。ありがとうは?』と言われました。一生許せません」と書かれていた。

 小田は「マイルドと僕の関係は腐れ縁というか、会う度に言い合いするんです」と汗をかきながら釈明。石田に「カメラに向かって謝って。マイルドフラッシュもやって」と促されると、小田は「最近、以前のように会ってもインスタに写真を載せてません。マイルドフラッシュ!」と、最後はハイテンション三浦のギャグで締め、周囲の笑いを誘っていた。

関連リンク

  • 6/26 15:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます