長澤まさみが提案『ドラゴン桜』撮影現場での“ジュースじゃんけん”で負けた“まさか”の出演者

拡大画像を見る

 26日放送の『王様のブランチ』(TBS系/毎週土曜9時30分)に、ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系/毎週日曜21時)で東大専科の生徒を演じる若手俳優陣が出演。ドラマ出演者の志田彩良が、同ドラマで共演する長澤まさみの撮影現場でのエピソードを披露した。

 この日の番組には、27日の放送で最終回を迎える『ドラゴン桜』から主人公・桜木役の阿部寛と、桜木の元教え子で一緒に東大専科を受け持つ水野役の長澤がスタジオゲストとして登場。さらにVTRゲストとして東大専科の生徒を演じる7人の若手俳優も登場した。

 VTRでは若手俳優陣が撮影を振り返る中、撮影の合間の休憩時間についてトークが展開。東大専科きっての秀才・小杉麻里を演じる志田は「長澤さんが提案してくださって、みんなで本気の“ジュースじゃんけん”をしたりとか」と笑顔でコメント。この発言を受けて瀬戸役の高橋海人は、長澤が一番ジュースじゃんけんを楽しんでいたことを暴露。さらに天野役の加藤清史郎は、最終的にはゲスト出演者のゆりあんレトリィバァがじゃんけんに負け、キャスト陣にジュースを振る舞ったことを明かしていた。

 また岩崎役の平手友梨奈は、主演の阿部について「大変な撮影の中でも声をかけてくださったりだとか、現場を温かくしてくださったり、本当に感謝しかないですね」とコメント。藤井役の鈴鹿央士は、長澤から“自分がやりたいようにやってみたら”とアドバイスされたことを告白。長澤からのアドバイスでやる気が爆上がりしたとも語っていた。

 VTRの最後には高橋が若手俳優陣を代表してスタジオにいる阿部と長澤に「撮影が終わり、世の中が落ち着いたら、ぜひ僕たちをごはんに連れていってください!」とリクエストし、阿部は「もちろん!」と自腹でご馳走することを約束した。

関連リンク

  • 6/26 12:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます