妊娠発覚後、初めて病院へ! 胎嚢は確認できたけれど…【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.4】

■前回のあらすじ
陽性反応に夫婦で喜びますが、漫画家としての仕事が軌道に乗ってきていたこともあり、仕事との両立に不安を感じます。


■不安でたまらない…

ブログに書いていた内容は…
今この時点で特に目立った体調変化はないが、まだまだどうなるかわからない時期だそうで、不意に失うかもしれない。それはとても怖い。親になったら親に甘えてはいけないのか。
こんなことを考えてたら涙が出てきた。
とにかく暗い。

ホルモンの値のせいなのか情緒不安定で、病院に行くまで毎日泣いていたような気がします。

■総合病院へ行ってみたけれど…


■ようやく呼ばれ、診察室に

※胎芽…妊娠8週以前の胎児


妊娠検査薬で陽性が出て、胎嚢が確認できてもまだ、妊娠確定というわけではありません。

胎芽の心拍があるのを確認して初めて妊娠成立となります。
なので、心拍を確認するために次週も来るように言われました。
※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。
次回に続く(全57話)「出産の記録〜低酸素性虚血性脳症で生まれた娘と私」連載は12時更新!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/26 12:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます