柴犬「公園に行けると思った」 注射後の表情に、笑いがこみ上げる

拡大画像を見る

表情が豊かな犬と暮らしていると、ちょっとした変化が楽しく、目が離せないものです。

8歳のメスである、柴犬のまるちゃんと暮らす飼い主(@shomaruoneone)さん。

ある日、まるちゃんにシャンプーと注射をさせるため、外出しました。

まるちゃんは、飼い主さんと外出できると知り、「大好きな公園に行ける」と思ったのでしょう。

出かける前は、きらきらとお目めを輝かせ、期待に満ちた笑顔を浮かべていました。

しかし、実際はシャンプーと注射を打たれるという、苦手なイベントのフルコース

すべてを終えて家に帰宅した、まるちゃんの表情をご覧ください。

「…」

出かける前のはつらつとした雰囲気は消え失せ、どこか哀愁の漂う表情をしています。

出先で受けたダメージの大きさがうかがえますね。

写真はTwitterで拡散され「よく頑張りました!」「一気に老けたな…」「分かりやすすぎて笑った」といったコメントが寄せられました。

出かける前と後で、こんなにも表情が異なるなんて、驚きです。

この後、飼い主さんは頑張ったまるちゃんを、たっぷり甘やかしたことでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @shomaruoneone

関連リンク

  • 6/26 11:39
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    7/1 12:36

    泣き止んですぐの子供みたい。よしよししてあげたいなあ

記事の無断転載を禁じます