「そうぐ」ではない!「燥ぐ」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/230886/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「燥ぐ」です。

「燥ぐ」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/230886/ )

「燥」は「乾燥(かんそう)」や「焦燥(しょうそう)」などでお馴染みの漢字です。とはいえ、これらの読み方をそのまま当てはめて「そうぐ」と読んでしまうのは、残念ながら不正解。

「燥ぐ」の読みは意外に感じられるかもしれません。「燥ぐ」は

1 調子にのってふざけ騒ぐ。
2 乾燥する。かわく。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

“1 調子にのってふざけ騒ぐ。”を表す「〇〇〇ぐ」は、日常生活ではほとんどひらがなで表記されています。1の意味を表す例文には「燥いだ調子で話す」「子どもが燥ぐ」などが挙げられます。

読み方は思い浮かびましたか?

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/230886/ )

「はしゃぐ」です。

ちなみに、「燥く」は「かわく」と読みます。

意味は「乾く」とほぼ同じですが、「乾く」が

①水分や湿気がなくなる。
②うるおいがない。感傷的でない。

出典元:かわ-く|言葉|漢字ペディア

を意味するのに対し、「燥く」は

水分がまったくなくなる。乾燥しきる。

出典元:かわ-く|言葉|漢字ペディア

と、「乾く」より乾燥の度合いが強いのが特徴です。

カラッカラに乾燥しきった状態を目にしたら「燥く」をぜひ使ってみてください。

 

関連リンク

  • 6/26 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます