仲良くなれるかは直感!神木隆之介が「コミュ力モンスター」と呼ばれる理由

拡大画像を見る

 俳優の神木隆之介が6月20日、映画「100日間生きたワニ」(7月9日公開)のオンラインヒット祈願イベントに出席。共演者で声優の木村昴から「コミュ力モンスター」と評された。

 映画はイラストレーターのきくちゆうき氏が100日間かけてTwitterに投稿した4コマ漫画が原作。監督は映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督が務めた。

 神木は主人公のワニの声を担当しており、モグラ役の木村とは映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」以来の共演となり、実に16年振りとのこと。今作で久々の再会となったが木村は当初はかしこまっていたが、神木から「おいっすー! 昴くん、久しぶりー!」と声をかけられ、一気に距離感がアップデートされたという。その屈託のなさに木村は神木のことを「コミュニケーションおばけ。コミュ力モンスターですね」と評した。神木も「あの時、年が近くてお兄ちゃんのように頼っていた。その時の昴くんの印象で止まっているから」と語った。

「神木は2歳で芸能界デビューしていますが、子役時代は『子供の自分の話を真剣に聞いてくれる大人達がたくさんいたことが嬉しく、人と話すことが大好きだった』と昨年刊行した『おもて神木/うら神木』で語っています。また、自身のコミュニケーション術は別のインタビューで『初対面の人と仲良くなれるかどうかは、直感でしかわからないですね。でも、相手の声や反応を聞いて、この人はどれぐらいの警戒心があって、どれぐらいの距離を保ちながら人と接したい人なのかを図るところはあるかも』と語っています。生来の話好きと子役時代から培われてきたコミュニケーション術が相まって“コミュニケーションおばけ”と呼ばれるまでになったのでしょう」(芸能記者)

 ネットでも神木のコミュニケーション能力について《子役からずっと超売れっ子なのに適度な腰の低さと礼儀正しさ、人懐っこさと笑顔のバランスが抜群。子役からずっと売れっ子の大ベテランだけど鼻に付くような言動がないんだろうね》《役とかでイメージは引っ張られるかなとは思うけど、子役からずっと働いてる人って基本コミュ力はありそう》《繊細そうな少年だったのにすごく感じのいい明るいあんちゃんに仕上がったよね》など評価する声が高かった。

 26年間も芸能界で培ってきたコミュニケーション能力は伊達ではないようだ。

(柏原廉)

関連リンク

  • 6/26 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます