「ラヴィット」も吸収!? TBS安住紳一郎がフリーにならないワケ

拡大画像を見る

 6月20日の「フライデーデジタル」が、TBSアナウンサー・安住紳一郎に関する記事を掲載した。安住アナといえば、秋から情報番組「あさチャン!」の後継番組にてMCを務めると発表されたが、その裏である噂が飛び交っているという。

「TBSの朝の番組は現在、『あさチャン!』だけでなく、4月から始まったバラエティ番組『ラヴィット!』も視聴率で大苦戦しています。そんな中、『フライデー』によると、安住アナのMC番組が『ラヴィット!』すら吸収し、4時間番組になるのではないかという噂が一部で飛び交っているのだとか。もしもその案が実現した場合、安住アナは人気アナですから、全局が警戒を強めることになるそう」(テレビ誌記者)

 だが安住アナといえば現在、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」や「新・情報7days ニュースキャスター」など、様々な番組に出演し多忙を極めている。さらにそこに4時間帯の担当となれば、体力的に厳しいと思われるが、それでもフリーにならない可能性があるという。

「芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が、局員の証言を6月21日のブログに掲載しています。それによると局内では、廊下の向こう側から安住アナが歩いてくると、まるでドラマ『白い巨塔』で描かれた“財前教授の総回診”のように、人が両端へはけて道を作るのだとか。そんな現象が起きる人物は社長以外で彼だけとのこと。また、安住アナは年収が3000万円超えで出社時間も自由。さらに将来の役員待遇まで約束されており、フリーとなる可能性も低いそう。そのため、ある程度のオーバーワークであっても、局のために長時間番組を引き受けるかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 朝の顔に安住アナという“切り札”を提示したTBS。はたしてこの判断は、吉と出るだろうか。

関連リンク

  • 6/26 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます