TBS野村彩也子、「10キロ太った」告白も納得!進化したDバスト証明シーン

拡大画像を見る

 TBSの野村彩也子アナの“激太り”告白が様々な憶測を呼んでいる。

 野村アナは6月13日放送の「週刊さんまとマツコ」に出演。野村アナと言えば父親が狂言師の野村萬斎であることは有名だが、番組では“厳格な父親の娘”ということもありプレッシャーに悩まされることもあると打ち明けた。さらに、そうした中でのストレスで暴食に走り、「この1年で10キロ太った」と悩みを告白したのだ。

「昨年春、TBSに入社した当初は一部から“親の七光り”と揶揄する声もありましたが、その清楚なルックスから人気も急上昇。今ではラジオを含め計10本のレギュラーを持つ活躍ぶりで、上層部からの評判の良さも窺えます。しかし、注目度が増せば増すほどプレッシャーの方も急上昇しているのでしょう」(女子アナウオッチャー)

 そのためネット上では心配と応援の声が上がっていたが、“10キロ増”については《今ぐらいがちょうどいい》といった指摘も多く見られる。

「野村アナは報道フロアからの短いニュース番組も不定期で担当していますが、その際のテーブルの“乗せバスト”は、最近になってファンの間で注目を集めており、そんな状況を生み出すのも“太ったおかげ”ともっぱら。おそらく入社当初と比べ、推定CカップからDカップ程度に進化していると思われます。3月に放送された『ウッチャン式』でトランポリンに挑戦した際も、ピッタピタのピンクのTシャツでトランポリンに挑戦。跳ねるたびにボヨンボヨンと音がしそうなバストの激揺れで、男子視聴者を歓喜させていましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 ダイエットはしばらく待って欲しいものだ。

関連リンク

  • 6/26 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます