本田翼「完璧熱愛」で「ラストホープ」に……34歳綾瀬はるか「秘愛」事情

拡大画像を見る

 6月24日に『FRIDAYデジタル』が、女優でタレントの本田翼(28)の熱愛を報じた。本田の恋人は26歳の研修医・K氏。185cmという高身長イケメンで、私立大学の医学部出身で、3年目の内科医として都内の病院に勤務しているという。『FRIDAY』の「真剣交際か?」という取材にK氏は「はい」と即答している。

「外見は背が高くてイケメン。頭脳は26歳で私立大学の医学部出身で3年目の内科医で、しかも日本語、英語、中国語を話せるトリリンガル。しかもいわゆるガリ勉クンではなく大学時代はバンドをやっていてプロ級のドラマー。実家は裕福で学生時代から高級外車を乗り回す……。あまりにも完璧すぎる彼氏に、世の男性は《勝てる要素ゼロ》《もはや嫉妬する気も起きない》と大ダメージです(笑)」(女性誌記者)

 本田は以前から「ゲーム好き」という趣味や、まるで学校の同級生のような親しみやすさなどから男性人気が高かったが、世の男たちがショックを受けている原因は、それだけではないという。

「5月19日に新垣結衣(33)が星野源(40)との結婚を発表したばかりだったことも、ダメージに拍車をかけているようです。《ガッキーも本田翼も遠くへ行ってしまった》《ガッキー結婚の傷が癒えないまま本田翼がとどめを刺してきた》というコメントもありました。新垣は結婚報道直前まで“最後の砦”とまで呼ばれていましたからね」(前同)

■綾瀬が「最後の希望」に!

 昨年、いわゆるアラサー美人女優の結婚ラッシュが相次いでいた。8月には山本美月(29)が瀬戸康史(33)。10月には石原さとみ(34)が同世代の一般男性、12月には戸田恵梨香(32)と松坂桃李(32)がそれぞれゴールイン。特に、これまで一切熱愛の気配がなかった松坂と戸田の結婚は、マスコミ業界にも衝撃的な出来事だったのは記憶に新しい。

「結婚報道のたび、無関係なはずの新垣がツイッターでトレンド入りして《俺達にはまだガッキーがいる!》という声が飛び交うのがお約束になっていたのが、そのガッキーも結婚してしまいましたからね。ガッキーの結婚発表時からそうでしたが、今回の本田の報道で本格的に綾瀬はるか(34)に最後の望みを託す声が増えています(笑)」(前出の女性誌記者)

《ガッキーにも深キョンにも男がいるらしいけど、俺には綾瀬はるかが居るから何も問題はない》《#ガッキーも奪われ、#石原さとみも嫁いだ。あとは #綾瀬はるかに#長澤まさみ か!?》という声や、《本田翼の医者彼氏が話題だけど、脳外科専門医のワイは江戸時代に行きさえすれば綾瀬はるかが待ってるのでセーフ》と、綾瀬の代表作『JIN―仁―』(TBS系)にちなんだ発言もあった。

「綾瀬はかつての新垣に負けず劣らず “週刊誌泣かせ”女優として知られ、これまで目立ったスキャンダルを報じられたことがありません。ウワサになったのも松坂桃李や大沢たかお(52)など、ドラマや映画の共演者ばかりで“どうせ話題作り”と、世間も間に受けなかった部分もあった。とにかく、綾瀬は決定的な“ツーショット”を撮らせないんですよ」(前同)

■結婚願望を隠さなくなってきた綾瀬

 それだけに、昨年7月2日発売の『女性セブン』(小学館)が韓流俳優のノ・ミヌ(34)との熱愛を報じた際は、大スクープとして話題になった。しかし、双方の事務所だけでなく綾瀬本人が8月31日に 『「コカ・コーラ ゼロ」リニューアル記念 #飲みレポ生配信』にて「(結婚は)まったくありません」と明確に否定したことで、熱愛報道は終息。

「その後、新たな熱愛報道はありませんが結婚願望そのものはあるようです。今年3月16日の『週刊女性』(主婦と生活社)で映画『奥様は、取り扱い注意』記念インタビューをした際は、“私自身、家族をつくりたいなっていう気持ちが徐々に出てきています”と、理想の過程についても詳しく話していました」(前出の女性誌記者)

 綾瀬はインタビューで、

「ありのままをお互い受け入れることができて、よろこびを分かち合える夫婦っていいなって思います。(自分が演じる)久実みたいに、ご主人に従順な部分も私の中にありますよ。ただ、菜美(※記憶喪失になった久実)みたいにタブーがあるから家ではおとなしくしていないといけない、みたいに抑え込まれちゃう感じの夫婦関係は、難しいなぁと思います」

 と、話している。

「テレビ業界には、“35歳女優限界説”というのがあるんです。20代のように純粋なラブストーリーは演じられない、かといって母親役は演じられない。清純派女優が必ずぶち当たる壁です。気づけば石原や戸田、そしてガッキーと、近い世代が続々結婚ラッシュ状態。実は綾瀬も、ここ数年で何とか、という思いがあるのかもしれません」(前同)

 ファンの「最後の希望」という声もある綾瀬。はたして、“鉄のカーテン”の向こう側で愛をはぐくんでいるのだろうかーー。

関連リンク

  • 6/26 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます