竹野内豊、劇場版『イチケイのカラス』決定も…「Mr.ビーン裁判官になる!」

拡大画像を見る

 6月14日に有終の美を迎えたばかりの竹野内豊(50)主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)だが、早くも映画化されることが決まった、と6月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 4月5日の初回放送の平均世帯視聴率は13.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、その後も2桁台をキープし、最終回も初回と同じ番組最高タイの13.9%を記録。この結果にフジテレビ上層部も大いに喜んでいるという。

「『イチケイのカラス』の撮影は、11月から5か月にわたって行われ、ドラマスタート時にはクランクアップしていたんです。だから出演者も制作関係者もあとはドラマの本放送を見るだけという状況でした。そんな中、初回から視聴率も評判も上々で、早々に映画化しようという話が出たそうですよ」(民放キー局ディレクター)

 ドラマ開始ほどなく、映画化の話が出たという背景には、昨今のテレビ不況も関係しているという。

「フジテレビに限らず、地上波の番組にスポンサーがあまりつかなくなってきているんです。そのため、ドラマで続編をやる以上に、いい結果を残したドラマは“すぐに劇場版をやっちゃいましょう”となるケースが増えてきています。

 現在、休養中の深田恭子さん(38)主演の『ルパンの娘』(フジテレビ系)も、世帯視聴率はそれほどよくありませんが、早々に映画化が決まり、10月15日には劇場版が公開される予定です。

 また、長澤まさみさん(34)主演の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)もこれまで2作の劇場版が公開されましたが、1作目は興行収入29億7000万円、2作目は33億円を突破する大ヒット映画になりましたからね」(前同)

■主演なのに竹野内豊はほとんどセリフなし!?

『イチケイのカラス』も視聴率や視聴者からの評判に後押しされ、フジテレビは劇場版でも成功することを確信したのだろう。

「ただ、映画となると上映時間は2時間前後に、さらに1シーン1シーンが長尺になる。そうなると、いよいよ竹野内さんのセリフがなくなっていくでしょうね……」(ドラマ制作会社関係者)

 大ヒットドラマの主演を張る竹野内のセリフがなくなっていくとはどういうことなのか。

「実は、竹野内さんはセリフ覚えがそんなに良くないんですよ。現場でも噛み噛みでNGもけっこう出していたそうです。でも、だからといって落ち込んだり、暗くなったりすることはなく、NGを出しても明るく振る舞うので、現場にも変な影響はなく、むしろ“竹野内さんって逆にすごい”という声も出たほどだといいます。

『イチケイのカラス』では、竹野内さんのシーンが多すぎると撮影スケジュールが押してしまう可能性があったため、竹野内さんのセリフが当初よりも削られ、その代わりに黒木華さん(31)や小日向文世さん(67)のセリフが劇的に増えたといいます」(前同)

 4月22日発売の『週刊文春』では、竹野内が黒木に対して「裁判用語は難しいね」と苦笑しつつ話しかけたり、「異議を棄却します」というセリフを竹野内が噛んでしまい、法廷内に爆笑が起きたと伝えている。

 さらに、演技プランが定まらないまま現場に入ることも少なくないといい、「自分の演技はこれで大丈夫でしょうか?」とスタッフに何度も確認する場面もあったという。

「あのイケメンぶりからは想像できませんが、竹野内さんはかなり優柔不断な性格みたいです。かつセリフ覚えもあまりよくはないと。そのため、ドラマ関係者の間では竹野内さんと一緒の現場だと言うと“竹野内さんとですか? 大変ですね……”と言われるほど。

 それが映画となると、いよいよ竹野内さんのセリフはなくなっていくのではないでしょうか。一方、黒木さんと小日向さんがより大変になる可能性は高い。また、ライバル役にしっかりと演技ができる人が起用されるのではないでしょうか」(同)

■劇場版はMr.ビーン並みの無音シーン満載に!?

 セリフ覚えがあまりよくなく、NGを連発することもあるという竹野内。それでも、ドラマや映画で重宝される理由とはいったいなんなのか。

「黒木さんは可愛らしく、演技も上手いですが興行映画の主演となるとやや弱い。一方、竹野内さんは世代を問わず人気がありますし、ネームバリューも抜群、イメージも最高にいいですよね。映画となったら、やはり彼が看板でないと成立しないわけです。

 ドラマ『イチケイのカラス』では、竹野内さん演じるクセ者の裁判官・入間みちおが事件現場に聞き込みに行ったりする場面が多くありましたが、映画では法律用語の多い法廷シーンは減って、聞き込みや日常のシーンが多くなるのかもしれませんね。歩いて物思いにふけったり、表情で見せるシーンであれば、動きだけですからセリフを覚える必要はありませんからね」(前出のドラマ制作会社関係者)

 元SMAPの木村拓哉(48)が主演を務めた『HERO』(フジテレビ系)も、主人公が検事の法廷物だったが、木村演じる久利生公平が事件現場に赴く場面など裁判以外のシーンが充実していた。劇場版『イチケイのカラス』も『HERO』のような構成になるのかもしれない。

「劇場版では、竹野内さんの登場シーンはセリフがかなりカットされ、動作だけで爆笑をさらう世界的な作品『Mr.ビーン』のような、“無音”となる場面もけっこうあるかもしれませんね。竹野内さんは話さなくてもめちゃくちゃカッコイイし、表情や動きでより伝わってくる部分もありそうです。

 その分、話す演技が抜群に上手い黒木さんと小日向さん、さらにライバル役が巧みなセリフ回しでやりとりするような映画になってくる。『イチケイのカラス』の関係者間でも、そうした可能性が語られていますよ」(前同)

 久しぶりの大ヒットとなった月9ドラマ『イチケイのカラス』。劇場版の竹野内、黒木、小日向の演技にも注目が集まる!

関連リンク

  • 6/26 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます