さり気なく言いたい!意中の彼と【LINEを交換する口実作りテク】4つ

気になる異性とLINEの交換がしたい、でも勇気が出ない……そんな人は少なくありません。
突然「LINE教えて」と直接聞くのは勇気がいるものですが、口実があればすんなり聞けてしまうかも。

そこで今回は、気になる彼と【LINEを交換する口実作り】をご紹介していきます!

(1)連絡が必要な用事を作る


もっとも自然なのは、連絡を取り合うのが前提の口実を作ること。
ものの貸し借りをしたり、仕事での用事を作れば、簡単に口実は作れます。

LINEを交換した後も、その用事について連絡を取り合えるでしょう。
そこから話題を発展させていくこともできるので、オススメの方法と言えます。

(2)写真を送るOR送ってもらう


写真を送るときの口実として、LINEを聞くこともできます。
グループで遊びに行ったときの写真係を買って出ることで、「写真を送るからLINEを教えて」と自然に聞けますよ。

または、会話の流れで彼から写真を見せてもらったときに、「その写真いいね!送ってほしいな」と伝えれば、LINE交換の流れに持っていけるでしょう。

(3)グループトークを作成する


気になる彼がよく遊ぶグループのメンバーだったり、仕事で同じチームであるなら「グループトーク作り」が有効です。
「グループトークを作りたいから、LINEを教えて」といえば、すんなり教えてくれるはず。

実際にグループを作成したなら、「グループトーク作ったからよろしくね」と個人的にLINEをしてみるといいですね。
返信が来たら、そこから話題を発展させていきましょう。

(4)相談に乗ってほしいと伝える


彼とある程度親しくなれたら、相談を持ちかけるのもテクニック。
「相談したいことがあるからLINEを教えて」と言われたら、相手もきいなってしまうでしょう。

実際にする相談は他愛のないことでOK。
彼も頼られたことを嬉しく感じて、LINEのやりとりが弾むかもしれませんよ。


「LINEを交換したいから教えて!」と直接聞けたらイイですが、そんな勇気はなかなか出ないもの。
ご紹介した口実を活用すれば、勇気がなくても自然に聞けるはず。

連絡先を交換しただけで満足せずに、LINEでしっかりアプローチしていってくださいね♡

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/25 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます