新庄氏 松本に「ごっつ」突然終了原因を聞く 爆笑節「最悪ですね野球」

拡大画像を見る

 元プロ野球選手の新庄剛志氏が25日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」に出演。松本人志に「聞きたいことがあるんです」と切り出し、97年に「ダウンタウンのごっつええ感じ」が突然終了したのは、「急にポーンと止めたのは、あれって野球の延長でいやになった?」と真相を聞いた。

 これに松本は「ヤクルト戦です」と、プロ野球中継が一因であることを認めた。

 新庄氏が「それでやっぱり終わったんだ」と聞き、松本はうなずくと、新庄氏は「最悪ですね野球」。爆笑が起こり、陣内智則らが「あなた野球選手ですから」と総ツッコミとなった。

 新庄氏は「僕も嫌だったパターンなんです。ちっちゃいころ、ドラマが見たくて、野球の延長いやだった」と話し、松本が「変わってるわー」と驚いていた。

関連リンク

  • 6/25 23:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます