【宝塚記念】クロノジェネシス斉藤師「何も心配することはない」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 クロノジェネシスはご存じのとおり、これまで手綱をとってきた北村友一騎手が負傷のため、今回はルメール騎手に乗り替わります。そして、追い切りについては2週前は福永騎手、1週前はルメール騎手、今週は岩田望来騎手が手綱をとっています。

 先週は併せ馬の相手を早めに抜いて、置き去りにするとてもパワーを感じさせる動きをしていました。一方、今週はしっかりと折り合う内容で、先週と同じくパートナーを務めたジェラルディーナ(1勝クラス)と併入するかたちでフィニッシュしていました。

「今日は折り合いとリズム重視で行って欲しいと、お願いしました。キャンターにおろしたときから凄く良かったと思いますし、先週と違って馬の後ろでジッと我慢も出来ていました。4コーナーすぎてから自分のリズムで前の馬に並びに行けたと思うので、いい動きだったんじゃないかな、と思います」と斉藤師。

 予定どおりの仕上げができて、順調そうで良かったです。

 前走、ドバイから帰国したあとは「空港で見たときはガリガリだったので、宝塚記念に間に合うかどうかわからないな、と思った」(斉藤師)というほどでしたが、今はそういった不安はまったく感じさせません。凄い回復力ですね。

「今はいちばん充実しているのではないか、という馬体をしていますし、何も心配することはないです。3歳の夏を北海道で過ごしてからカイバも食べるようになりましたし、馬体も充実してきた。そこが大きな転換点でした。

 一戦ごとにホントに良くなっていくので、いまが完成か?と聞かれると僕もわからないところがありますけど、ホントに前走よりは今回のほうが、充実してきてはいるので。どこまでいけるのか、というのを楽しみにしています」

 まさに今が充実期。順当な走りをみせてくれるはずです。

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 6/25 20:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます