『ピーターラビット2』“ふわふわ草耳栓”でマグレガーのお説教を回避! キュートな本編映像解禁

拡大画像を見る

 2018年に公開された映画『ピーターラビット』の続編『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』より、主人公ピーターがお手製の“ふわふわ草耳栓”を披露するキュートな場面を収めた本編映像が解禁された。

 シリーズ累計発行部数が全世界で2億5000万部を超えるビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』。2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると、全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットとなった。その続編となる本作では、“うさグレた”ピーターが湖水地方を捨てて大都会に出ることに。日本語吹き替え版ではピーターを千葉雄大、新キャラクターのバーナバスを哀川翔が、それぞれ演じる。

 前作から3年、ついにビアとマグレガーが結婚することに。ここ湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない! こんな生活ウンザリだ!」。我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し、大都会へ家出してしまう。

 今回解禁されたのは、ピーターが、叱られるのを察知すると事前に装着するお手製の“ふわふわ草耳栓”を披露するキュートな場面。

 自身を主人公にしたビアの絵本が評判を呼び、湖水地方の動物たちの間でもちょっとした有名人になったピーター。「絵本を読んだよ。子供らも大ファンだ」と、おしゃれなまちねずみのジョニーに称賛されたピーターは、「子供たちにはヒーローが必要だからね、僕みたいな」と調子に乗るも、うっかりお店の立て看板に寄りかかり窓ガラスをぶち破ってしまう。

 そんなピーターをマグレガーが叱責すると、ビアが「怯えさせないで。優しい言葉を言いなさい!」とピーターを擁護。自身の目の前で繰り広げられるマグレガーとビアの口論を、ピーターはまるで反省しているかのように黙って見つめる。

 口論が終わった後、従兄弟のベンジャミンから「よく我慢したね。反省して、後悔する表情まで」と声をかけられるが、実はピーターはお説教が始まる前に“お手製のふわふわ草耳栓”を耳に詰め込んでおり、2人の話を全く聞いていなかったことが判明。「叱られる時は耳栓を」「集中砲火ならダブルで」「ごめん、何だって?」と言いながら、たくさんの耳栓を続々と手品のように耳から取り出すピーターにベンジャミンはあきれ顔。いつも予想の斜め上をいくピーターキャラ全開のほほえましいシーン映像となっている。

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は6月25日より全国公開。

関連リンク

  • 6/17 11:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます