松村沙友理(乃木坂46)[イベントレポート]『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』舞台挨拶で堂々の宣言「ユメミは一生アイドルなのでみなさん安心してください! テヘ」

松村沙友理(乃木坂46)、岡本夏美、中村ゆりかが、本日6月25日(金)に新宿バルト9 シアター9にて開催された<『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』大ヒット舞台挨拶>に出演した。本記事では、そのオフィシャルレポートをお届けする。

公開後の反響について岡本は、“たくさんいただきます! ほかの仕事の現場でも、すごい映画だね!と言われる”と明かし、中村も“評価が高い。あっという間と言われることが多い”と周囲の反応を紹介。松村も“ファンの方から「友達を連れてたくさん観た」という声もありました。私の語彙力では補えないくらいのすごい作品です!”と、高評価に大興奮する様子を見せる。

また、松村と言えば乃木坂46からの卒業を発表したばかりだが、それに触れつつ“私のアイドル人生は終わっちゃいそうだけれど、(演じた)ユメミは一生アイドルなのでみなさん安心してください! テヘ”と、アイドル風に宣言していた。

3年前から『賭ケグルイ』シリーズに参加している岡本は、“当時の私は未成年! みーちゃん(浜辺美波)も子供みたいな感じだった。みんなが一緒に大人になっていくような感じで、家族みたい”と長寿シリーズ化ゆえの感慨を語る。中村も“(岡本に)次に会った時には20歳。急成長だよね!”と、時の流れの早さに目を細めていた。

劇場版では前作から参加した松村は、“生徒会のみなさんと初めて会った時はすごい緊張しました。正直怖かった。みなさんのオーラがすごすぎて、独特の緊張感がありました”と回想。岡本も“生徒会室の雰囲気は慣れない”と共感を示すと、松村は“テレビで観ていたあの世界観の中に私も入るんだと思ったら怖すぎて……。ひと言もしゃべれなかった。しゃべったら命を狙われるのではないかというくらいに緊張してジッとしていました”と当時の心境を吐露した。

今回の撮影について中村は、“みなさんのキャラクターのクオリティがより高まっていて、台本からかけ離れるくらいに燃え上がっていた”と共演陣の熱演ぶりを報告。岡本は“目を瞑りながら階段を駆け下りてという演出に対しては意外とできたなと思う。薄目を開けて足元だけを見る技を覚えました”とこだわりの見どころを告白。

松村は、“リアクションが大変だった”とオーバーリアクションに苦労したようだが、岡本からは“(松村と)どれくらい驚くべきかなどを一緒に話し合いました。(松村は)爪を見るプロです!”と、松村の細かい演技を絶賛していた。

イベントの最後には、サイン入りポスターを景品としたじゃんけん大会を実施。松村は“私じゃんけんは強いんです!”などと言いながら、観客との交流を楽しんでいた。

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』
公開中
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊『ガンガンJOKER』スクウェア・エニックス刊)
監督:英勉
脚本:高野水登 英勉
主題歌:milet「checkmate」(SME Records)
出演:浜辺美波 高杉真宙 藤井流星(ジャニーズWEST) 松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 池田エライザ 中村ゆりか 三戸なつめ 矢本悠馬 森川葵 伊織もえ
配給:ギャガ

STORY
ギャンブルの強さだけで学内のヒエラルキーが決まる私立百花王学園。蛇喰夢子(浜辺美波)の脅威に、生徒会が危機感を募らせる中、上納金を支払うことができない“家畜”の数が激増。そんな中、2年前のある事件を機に、停学処分を受けていた視鬼神真玄(藤井流星)が舞い戻る。彼の策略にハメられた夢子は打ち負かされ、ギャンブルを封じ込められてしまう。傍若無人な視鬼神は、ついには桃喰綺羅莉(池田エライザ)を生徒会長の座から引きずり下ろす。そして迎えた、会長交代式。夢子は視鬼神に“公式戦”を申し込むのだった――。

関連リンク

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』公式サイトドラマ&映画『賭ケグルイ』公式Instagramドラマ&映画『賭ケグルイ』公式Twitter

(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX
(C)2021「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

関連リンク

  • 6/25 21:21
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます