【業務スーパー】「マック激似」噂のポテトとナゲットを検証。コスパよすぎてびっくり!

拡大画像を見る

業務スーパーで販売されている冷凍食品の中に、マクドナルドの商品に似ていてコスパが良いとSNS上で話題になっている商品があります。

それがフライドポテトとナゲット

ともに、「マックのポテトこれや」「ナゲット、マックの数段上を行く」など、さまざまな口コミが投稿されています。

本当にそっくりなのか、食べ比べをしてみました!

あれ?見分けがつかんぞ。

話題になっている商品は、ベルギーから直輸入している「フライドポテト(プレミアムシューストリング)」(278円)ブラジルから直輸入している「チキンナゲット」(581円)です。

どちらも内容量は1kgです。

マックフライポテトはLサイズ170gで330円チキンマックナゲットは5ピースで200円なので、比べるとお得感は抜群です。ちなみに、業務スーパーのナゲットは今回45個入っていました。

さっそく作っていきましょう。

作り方はポテトもナゲットも同じです。

凍ったままのポテトやナゲットを170度まで温めたたっぷりの油で2分30秒ほど揚げるか、もしくはフライパンに少量の油を入れて、きつね色になるまで加熱します(ナゲットは一度に5個が目安)

両方試しましたが、味は大差なし。フライパンで作ったほうができるまでに時間はかかりますが、カリッと食感になるし後片付けがラクでオススメです。

【実食】見た目そっくり!でも食感は...

出来上がったものを食べ比べていきます

まずはフライポテトから。

マックのポテトと業務スーパーのポテトの見た目は噂通りにそっくり! 両方とも細長いタイプでカリッとしたところも時間が経つとしなっとしてくる食感もかなり似ています

味は、塩のみで味付けした業務スーパーのポテトとマックでは違いがありました。マックのほうがうまみを感じます

次にナゲットを食べ比べます。

ナゲットのほうも、形はそっくり! ただし、業務スーパーのナゲットは2分30秒の調理時間ではまだ表面が白っぽいです。試しにフライパンでじっくり焦げ目をつけたら、マックナゲットとほぼ同じになり、見分けがつきませんでした。

味は比べてみると、別ものでした。業務スーパーで購入したチキンナゲットは、マックナゲットよりもふんわり食感で、つくねのような味わいです。

このナゲットは2020年に行われた「第1回業務スーパー冷凍加工品総選挙」で5位にランクインした人気商品。焼肉のタレや柚子こしょうをつけて楽しむ人もいます。冷めても美味しかったので、お弁当のおかずにも良さそうですよ。

ちなみに、業務スーパーのナゲットは、オーブントースターで調理も可能。お手軽なのもいいですね。

じつは入手困難!?ゲットするには...

この2商品、コスパという面からもSNSではかなりの人気商品

記者が購入したのは2021年6月中旬なのですが、ゲットするまでに時間がかかりました。というのも、都内の店舗ではどちらも売り切れが多く、ナゲットは4軒目、ポテトは5軒目でようやく発見。いかに人気商品かがわかります。

見つけられたらラッキー。たっぷりあるから、ポテナゲパーティもできます。業務スーパーで見かけたら、試してみてください。

関連リンク

  • 6/25 20:45
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます