「天国のパパへ」8歳女児の手紙に郵便配達員が温かい対応「僕も父を亡くしたから」(英)

拡大画像を見る

英レスターシャー州ブラウンストーンに住む2児の母サラさん(45)は今から8年前、24年間を共に過ごした夫のトニーさんを持病の薬の副作用で亡くした。トニーさんは39歳と働き盛りで、下の子のシアナちゃん(Sianna、8)は生後4か月だった。

今月20日の夜のこと、寝室にいたシアナちゃんがサラさんの部屋にやってきてこんな質問をした。

「ママ、ダディ(お父さん)はどこに住んでいるの? お手紙を書いたから住所が知りたいの。」

20日は父の日で、サラさんは咄嗟に「天国、クラウド・ナインよ(Heaven、on Cloud Nine)」と答えたものの、「もう夜も遅いから」と手紙を投函することは諦めるように伝えた。

しかし母のあまりにも素っ気ない態度にシアナちゃんは泣き出してしまい、サラさんは娘と一緒に近くの郵便ポストまで歩くことにした。

サラさんは「シアナが何を書いたのかは全く分かりませんが、娘は成長するにつれて自分の父親について興味を示すようになりました。最近はクリスマスや誕生日、そして父の日などに手紙を書いていたようです」と吐露する。

ただサラさんが娘に伝えた「クラウド・ナイン」とは最高に幸せなことを意味する言葉で、そんな住所は存在しない。サラさんは当時「手紙はきっと破棄されてしまうだろう」と思っていたというが、その翌日に手紙を回収した郵便配達員のサイモンさん(29)は、天国の父に思いを馳せて書いたであろうその手紙にひどく心を動かされた。そして写真を撮るとSNSに投稿し、このように綴った。

「僕はブラウンストーン地区の郵便配達員です。実は郵便物を回収中に、子供が手書きで書いた手紙を見つけてね。宛名が『天国のクラウド・ナイン』に住む父親だったんだ。」

「親を探し、許可が下りればこの子に何かしてあげたいと思っている。」

「実は僕も昨年、父を亡くしてね。大人だって辛いことなのに、この子がどんなつらい思いをしてきたのか想像がつくよ。」

このサイモンさんの投稿は多くの人にシェアされ、ついにはサラさんのFacebookにタグ付けされて2人はつながった。

実は郵便配達員歴6年で2児の父でもあるサイモンさんは22日、サラさんの自宅を訪ねており、胸のうちをこう吐露した。

「僕の父は地元の道路工事に携わり、引退後にがんで亡くなった。昨年1月のことで76歳だったよ。だから天国宛ての手紙を見た時は胸が熱くなってしまってね。手紙を書いた子を見つけて、『君の手紙は無事目的地に届けたよ。元気で頑張ってね』と伝えたかったんだ。」

さらにサイモンさんはその日、シアナちゃんにプレゼントとともにこんなメッセージカードを贈っていた。

「シアナちゃん、君は真に勇敢な少女だよ。お父さんはそんな君のことを誇りに思っただろうね。常に笑顔を絶やさないでね。そうすれば世界をより良い場所に変えることができるから。郵便配達員のサイモンより。」

なおサラさんだが「サイモンさんの投稿を見つけて以来、涙が止まらないのです」と思わぬ展開に驚いていることを明かし、サイモンさんの温かい人柄を称えて感謝した。

そしてシアナちゃんはというと、亡き父にこんな手紙をしたためていた。

「アイ・ラヴ・ユー(愛してるよ)。アイ・ミス・ユー(父さんがいなくて寂しいな)。でもいつの日かまた会いましょう。私はママのためにいい子にしてるから。」

画像は『The Sun 2021年6月23日付「PERFECT POST Mum ‘overwhelmed’ at kind-hearted postman’s reply to her eight-year-old’s letter to ‘dad in heaven’」(Credit: LeicestershireLive/BPM)(Credit: SnapperSK)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 6/25 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます