『着飾る恋』“駿”横浜流星の今更な告白が最高、主題歌2回で変化した幸せの形

拡大画像を見る

ついに最終回を迎えた『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜よる10時 ※以下ネタバレあり)。


陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)が結婚し、香子(夏川結衣)と礼史(生瀬勝久)は友達以上、家族未満の関係を続けることに。葉山(向井理)はトルコへ旅立ち、真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)は今後も付き合っていく…のかと思いきや、ラスト5分で5年後が描かれ、2人が結婚し子供までいることが判明し、大団円を迎えた。


最終回で星野源の主題歌『不思議』をだれが背負うか注目が集まっていたが、2回流れるというイレギュラーな展開がSNSでも反響を呼んでいた。しかし、この最終回に主題歌が2回流れるという展開が、物語を予想できないものにさせたことは間違いない。ここではそれぞれが自分なりの幸せを見つけることができた理由を考えていきたい。



まずは一回目の主題歌が流れるまで。Instagramが炎上しダメージを受けて号泣する真柴を抱き寄せた葉山で終わった第9話だったが、最終回は葉山が真柴を励ますシーンから始まった。葉山の「俺だって沢山失敗してるよ。そのたびにまず顔をあげて今できることを考える」「ここから先を変える」――。そこから真柴は自分のできることを真剣に考えて岩切工房に手紙を書く。葉山は弱っている真柴を励ますだけで、アプローチすることはない。


むしろ真柴をどうやって元気にしようか考えて駿に相談したり、真柴を気遣って駿が店を出すために北海道に行くのか確かめたりと真柴のためを思っての行動しかしない。一方の駿は真柴と直接話すことができない。余裕がなくて真柴を助けてあげられない自分を反省する。


陽人と羽瀬は、絵をやめようとしている羽瀬に陽人がプロポーズしたせいで怒らせてしまう。陽人は自分が羽瀬を支えれば、羽瀬は絵を続けられると考えていたが、羽瀬にとってはやめられないことが辛いことだった。お互いの思いがすれ違う中、羽瀬は陽人に相談もせずに絵を諦めて普通に働こうとする。

そして、香子は別れた夫の礼史が入院したことを受けて、再び礼史とやり直すことを考えるも、ひとりでも十分に幸せだと気付いてしまうのだった。


それぞれが、第1話から背負ってきた夢や挫折、思いに向き合い結論を出そうとする。そして久しぶりに向き合った真柴と駿のシーンで一度目の主題歌が流れる。駿は北海道に行くと告げ、真柴は東京でバイヤーを目指すと話す。ここで、第1話と同じように真柴が駿の作ったカレーを食べて涙目になりながら「おいしい」と言う。第1話では片思いしている葉山が突然いなくなり落ち込む中、カレーを食べてなんとか前を向くことができたが、ここでは真柴は先行きの見えない不安から前を向こうとしたのかもしれない。そこで駿が真柴の手をつなぐも、第3話のキャンプ場のような恋の始まりを感じさせるものではなく、終わりを予感させるものだった。

しかし、このままでは終わらなかった。それぞれが相手の思いに気づいたことから、変化が生まれていく。


葉山は真柴のために岩切工房の岩切と話し、シェルランプを真柴が売ることを許可してもらう。そんな大事なことを真柴と直接話さないまま、突然トルコへ旅立とうとする葉山。

今度は真柴が葉山のために全力疾走する。タクシーに乗り込もうとする葉山に追いついた真柴は7年分の思いをぶつけた。「7年間、社長への片思いをバネに頑張ってこれました」――。葉山は「片思いじゃなかったよ。気づくのがちょっと遅かったけどね」とようやく自分の思いを伝えることができた。相手のことばかり考えて思いを伝えられなかった葉山には大きな変化だった。


陽人は今まで描いた絵を捨てようとする羽瀬を手伝う。

だが、羽瀬は結局、ゴミ集積所に走って絵を取り戻そうとする。間に合わず呆然とする羽瀬に、陽人は捨てたはずの絵を見せる。「100%やめることはないと思うんよ」「何より俺が…羽瀬ちゃんの絵が好きだから」。その言葉を受けた羽瀬がいきなりプロポーズして2人は結婚することに。思い合う2人だからこそ、0か100ではない選択ができた。2人じゃなきゃできない選択だったと思う。


香子は退院した礼史に再度やり直したいと言われるが、今が十分幸せだという気持ちは変わらない。

そんな姿に真柴は「香子さんは平気ですか?隣に誰かいなくても」と問う。香子の答えは「私には私がいるから平気」――。そう答えられたのはシェアハウスをしていたからだと、陽人と羽瀬の結婚で気づかされることになる。2人の結婚式で寂しくなった香子は思わず礼史に電話をかける。再会した2人は、「友達以上、家族未満」の関係を誓う。


そして真柴と駿は、恋だけでなく仕事も思いもよらない展開を迎える。

炎上騒動が一件落着したものの、Instagramが更新できなくなった真柴は、依頼されて駿とキッチンカーでケータリングの仕事をすることに。写真すら撮れなくなっていた真柴は言い訳ばかりしていたが、駿に「黙れ」と口を塞がれる。「俺に教えてくれたよね。本当は好きなのに手を離すなって。大事なものから逃げない」。自分がかつて駿に与えた勇気を同じ方法で返してもらった真柴は、ようやくInstagramを更新できるようになる。そして、岩切工房のシェルランプを売るべく商品企画部に異動願いを出すが、異動できるのが2年後で、それまでシェルランプを売ることができないと分かると、葉山の「いつかは今」を思い出して会社を辞めてしまうのだ。真柴は駿や祥吾に勇気をもらい、一人でオンラインショップを立ち上げる。


そんな中、奇跡が起こって、2回目の主題歌が流れた。かつて対談したデザイナーのメイフィンが、真柴のオンラインショップのInstagramに投稿していたシェルランプを気に入って紹介すると、世界に一瞬で情報が拡散された。その瞬間を真柴と駿がふたりで分かち合った奇跡。恋愛だけでなく仕事の幸せな瞬間に主題歌が流れたのは、仕事に一生懸命な真柴の最後にふさわしかったのではないだろうか。


真柴が仕事を辞めた時点で、2人は離れ離れになる可能性はなくなっていた。しかし、駿は北海道行きを止めた。キッチンカーで全国を回れば、北海道でなくても地元の新鮮な食材を使って料理ができるし、レストランがない町の人々を喜ばすことができる。それが駿のやりたいことだったのだ。北海道行きはかつて挫折した経験を乗り越えたいという思いだけで、駿の本当の夢ではなかったのだと思う。

好きなときに好きな場所で好きなことができる幸せを手に入れた2人。やりたいことを自覚したからこそ、真柴は着飾ることをやめないし、駿は全国で料理を振舞うために飛び回る。2人は一緒にいる時間が少なくなっても揺るがない。なぜなら言いたいことが言えるようになったから。駿が今更ながら「俺と付き合ってくれますか?」と告白、さらに「この先ずっと…一生、付き合ってください」とプロポーズした最後。真柴が「素直でよろしい」といったのがすべてを物語っている。


1回目の主題歌が流れた後、真柴と駿、羽瀬と陽人、香子と礼史は思いをぶつけあったからこそ、それぞれ幸せの形を見つけることができた。きれいごとじゃない地に足のついた幸せがそこにはあったから、観た後に温かい気持ちになったのだろう。ドラマ『着飾る恋には理由があって』は、ラブストーリーとしてだけでなく人間ドラマとしても魅力的な作品だった。



■火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』
毎週火曜よる10:00~10:57
(C)TBS


関連リンク

  • 6/25 17:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます