吉田勝己氏が今春仏G1制した牝馬2頭を購入、移籍はせず現地で現役続行

 ノーザンファームの吉田勝己代表が、5月に仏G1を制したクールサンバ(Coeursamba、牝3、仏・JC.ルジェ厩舎)とアンカルヴィル(Incarville、牝3、仏・D.スマガ厩舎)を購入したことがわかった。

 両馬ともフランスに残り現役を続行するとのこと。英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間24日に報じた。

 クールサンバは、父がデインヒル系のThe Wow Signal、母Marechale、母の父Anabaaという血統。C.デムーロ騎手が手綱を取り、5月16日の仏1000ギニーを10番人気で制した。通算成績は9戦2勝。

 アンカルヴィルは、父がGone West系のWootton Bassett、母Ilhabela、母の父Azamourという血統。C.スミヨン騎手の手綱で5月24日のサンタラリ賞を制した。通算成績は8戦3勝。

 また、社台ファームの吉田照哉代表も、フランスで4連勝中のタリー(Tahlie、牝3、仏・P.バリー厩舎)を購入。

 タリーは、父がRed God系のRio de La Plata、母Tianshan、母の父Lahintという血統。勝ち上がりには5戦を要したが、昨年11月28日の未勝利戦で勝ち上がると、今年6月6日のサンドリンガム賞(仏G2)まで現在4連勝中。通算成績は8戦4勝。

関連リンク

  • 6/25 16:04
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます