なでしこ、オーストラリア代表との対戦が決定! 五輪前の重要なテストに

拡大画像を見る

  日本サッカー協会(JFA)は25日、7月14日にサンガスタジアム(京都)で行われるMS&ADカップ2021の対戦相手にオーストラリア女子代表が決定したと発表した。

 12カ国で争われる東京オリンピック・女子サッカー競技は、7月21日に開幕予定。カナダ、英国、チリと同じグループに組み分けられたなでしこジャパンは五輪前の調整としてこれまで9勝2分5敗のオーストラリア女子代表を選んだ。

 14日の19時20分キックオフを予定している同試合は一部地域を除きTBS系列にて全国生中継される。また、来場者については自治体のイベント方針に従い今後決定され、チケット販売に関する情報は今後決定次第発表される。

 なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督は発表に際し次のようにコメントしている。

「東京オリンピック前、最後の実戦の相手に、アジアの仲間でありライバルであるオーストラリアという素晴らしいチームが決まり、嬉しく思っています。2023年にニュージーランドとのFIFA女子ワールドカップ共催が決まっているオーストラリアは、自国開催の大会を盛り上げるためにも東京オリンピックで上位進出を狙っていると思います。グループステージで世界ランク上位のアメリカとスウェーデンという強豪国と戦うオーストラリアが、大会直前のこの一戦を非常に重要なものと位置づけていることは間違いありません。お互いに真剣勝負を通してこの貴重な試合を価値ある時間にし、私たちもまた成長し、東京オリンピックに向かってチームに勢いをもたらすことができるよう、一丸となって全力で戦います」

関連リンク

  • 6/25 16:14
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます