“トップアイドルから心理カウンセラーへ” 元乃木坂46 中元日芽香初の自叙伝、増刷が決定

拡大画像を見る

6月22日に発売された元乃木坂46メンバーで、現在は心理カウンセラーとしてカウンセリングや講演を中心に活動している中元日芽香の初の自叙伝『ありがとう、わたし~乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで~』(文藝春秋)が大好評につき増刷が決定した。


トップアイドルからなぜ心理カウンセラーを志したのかを実際のエピソードを交え、環境は違えど同じように悩んでいる方に寄り添う1冊となっている。

 

 =あらすじ=

乃木坂46のオーディションに合格し、アンダーメンバーとしてデビューしたのは、2012年。

以来、選抜メンバーに選ばれるために、「頭の中は仕事が10割」という日々を過ごす。

歌を歌い、踊るのは楽しい。しかし、トップアイドルでいる責任感に、気づかぬうちに追いつめられていた。

ある日、選抜メンバーに選ばれたのち「最近仕事どう?」と友人に聞かれ「たのしいよ」と答えられない自分に気づく。

これをきっかけに、リハーサルに出られない、携帯電話に出られない、などの状態に陥った。専門家の診断は、適応障害ーー。休業を余儀なくされた。

そんな彼女はいま、心理カウンセラーとして、かつての自分のように苦しんでいる人たちと向き合っている。

 

関連リンク

  • 6/25 14:25
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます