『あの夏のルカ』“親友”コンビ、監督からのサプライズに「忘れられない思い出に」

拡大画像を見る

ディズニー&ピクサーの最新作『あの夏のルカ』の配信を記念し、6月24日(木)に夏を感じる“配信記念夏祭り”が開催、日本版声優を務める阿部カノンと池田優斗が揃って参加した。



話題のミュージカルなどで大活躍の注目株で、本作の主人公ルカの日本版声優を務める阿部カノンと、ネクストブレイクとして注目されルカの親友アルベルトを演じた若手俳優の池田優斗。

ステージに立った阿部さんは「ルカの日本版声優に決まった時はびっくりして、ドッキリなんじゃないかと思いました。ピクサー作品が大好きなので嬉しかったです!」とそのときの心境を告白。

さらに彼らと一緒に夏祭りを盛り上げるべく、実の兄弟であり芸人としてもタッグを組む大人気お笑いコンビ・「ミキ」の2人が登壇し、ひと足早い夏祭りイベントを開催した。

ミキ・昴生「夏の思い出を思い出しました」



ディズニー&ピクサーファンである兄・昴生さんは「『ライオン・キング』の声優に亜生が決まったのが夏だったんです。あの夏の“昴生”はたまらんかった」と早速、会場を盛り上げる。作品を鑑賞して「阿部君と池田君はルカとアルベルトそのまま! 二人をイメージして、ルカとアルベルトを描いたんじゃないかと思うくらいでした」と語ると、弟・亜生さんは「先輩から言わせてもらうと、合格点!」とディズニー声優として“先輩風”を吹かせ、「やかましいわ!」と昴生さんがすかさずツッコむ。そんな2人にも池田さんは「そう言ってもらえて嬉しいです」と素直に喜んでいた。

海の世界と人間の世界を舞台に、誰もが心に残る“あの夏”を思い出させる本作を鑑賞し、昴生さんは「僕も亜生と自分をルカとアルベルトに投影して幼い頃に一緒に遊んだ夏の思い出を思い出しました。切ない気持ちにもなるし笑えるところもあるし、本当に感動しました」と幼少期に亜生さんと過ごした夏を思い出したことを明かす。


そして、これから本作を観る方にも「本当に素晴らしい作品」という亜生さんは「お家でご家族の方と一緒に見ていただきたいです」とコメント。「大人も子どもも楽しめる作品です。お子さんは綺麗な映像を見て楽しめますし、大人の方は昔を思い出すような作品になっています」と昴生さんがメッセージを送った。

監督からサプライズ!直筆のルカとアルベルトの色紙プレゼント



さらに、今回のイベントでは夏にちなみ、“阿部&池田”vs「ミキ」に分かれて“水鉄砲スイカ割りゲーム”に挑戦。スイカのくす玉を目掛けて水を放つと、わずかな差で阿部&池田チームのスイカが割れ、中からは「祝★配信開始」の垂れ幕が現れた。

ゲームを終えると、4人の後ろのスクリーンにエンリコ・カサローザ監督がサプライズで登場。監督は2人の見事な吹き替えを絶賛し、さらに6月に仲良く誕生日を迎えた阿部さんと池田さんに対し「カノン君、優斗君誕生日おめでとうございます!」と日本語で祝福。なんと監督直筆のルカとアルベルトの絵に「HAPPY BIRTHDAY」とそれぞれの名前が書かれたプレゼントが渡された。そしてミキの2人からもルカとアルベルトをイメージした花束の誕生日プレゼントが用意されており、目を潤ませた2人は「嬉しくて言葉も出ないです...」(阿部さん)、「『あの夏のルカ』みたいな忘れられない思い出になりました」(池田さん)とそれぞれ感激した様子。


最後には「この作品はルカとアルベルトの友情が描かれ、とても感動する作品です。ぜひ見てください」(阿部さん)、「シー・モンスターと人間の関係性など、今の時期にぴったりの作品になっているので幅広い方に見ていただきたいです」(池田さん)としっかりとアピールしていた。


『あの夏のルカ』はディズニープラスにて独占配信中。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
あの夏のルカ 2021年6月18日よりディズニープラスで配信開始
© 2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 6/25 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます