広がるワクチン接種者向け優待 「消費拡大のきっかけに」と動く居酒屋やレストラン、ホテル

拡大画像を見る

新型コロナウイルスのワクチンを接種したお客を対象に、料金の割引などさまざまな優待を行う企業が広がってきている。

生ビール1杯を無料サービスするレストランや、大規模接種会場に向かう高齢者に特別プランを提供するホテルもあり、ワクチン接種を消費拡大のきっかけにしたいという企業の思いが強まっている。

ワクチン接種証明書で1杯無料、ワタミ11月まで何度でも!

外食大手のワタミは、全国にある居酒屋や焼き肉、レストランなどすべての店舗で、ワクチンを2回接種し、その証明書を提示したお客に生ビールやハイボールなどワンドリンクを無料で提供する取り組みを始めた。6月からスタートし、11月まで続ける予定で、期間中は何度でも利用できるという。

コロナ禍で外出自粛を余儀なくされるなか、「家飲み」や「オンライン飲み会」が広がり、外食企業は苦境に立たされている。ワタミは、「ワクチン接種を完了した方から順に、コロナ禍以前のような『外食』文化を取り戻してほしい」と呼びかけており、業界全体を盛り上げたい考えだ。

国際観光日本レストラン協会奈良支部でも、加盟団体が一丸となって割引サービスを実施するなど、ワクチン接種者への優待は全国に広がっている。

量販店でもさまざまな対応が始まっており、家電量販店大手のノジマは、ワクチン接種を1回以上実施した65歳以上の高齢者に対し、手持ちのパソコンやスマホの使い方などの悩みに応じる調子見料金(税込み2200円)について、8月末までは無料で受け付けることとした。「少しでもコロナ前の日常を取り戻してほしい」といい、ノジマを利用したことのないお客も取り込みたい考えだ。

ワクチン接種の拡大が「希望の光」

ホテル業界は特に活発で、ワクチン接種をした人向けに宿泊料を安くしたり、館内のレストランを利用した際、ワンドリンクをサービスしたりするなどの動きがあちこちで出ている。東京・赤坂の赤坂エクセルホテル東急では、ワクチン接種のため、東京・大手町の大規模接種会場を訪れる65歳以上や付き添いの人を対象にした特別プランの提供を始めた。朝食付きで1泊6000円からというビジネスホテル並みの格安価格で、お客がスムーズに会場に向かえるよう会場までの経路案内も準備している。

飲食店の情報サイトを運営する「ぐるなび」が全国の20~70代の会員1200人を対象に6月初旬に実施したアンケート調査によれば、ワクチン接種後に期待することのトップが「安心して外食する機会を増やせる」で、約6割にものぼった。多くの人が外出への期待を高めており、コロナ禍に苦しむ外食やホテル業界はワクチン接種の拡大に希望をつないでいる。

(ジャーナリスト 済田経夫)

関連リンク

  • 6/25 11:45
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます