「自惚れ」=「じほれ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

みなさんは、「自惚れ」の読み方がわかりますか?なかなか読めない漢字はたくさんありますよね。今回は、難易度の高い難読漢字をご紹介します。4選でご紹介するので、読むことができるかぜひ挑戦してみてくださいね♪

(1)「寔に」


「寔に」は、「まことに」と読むのが正解です!「寔に(まことに)」とは、”本当に”や”真実に”という意味で、間違いなくその状態であることを強調するときに使われます。「まことに」の漢字表記は「寔に」以外にもたくさんあり、「真に」や「実に」、「誠に」とも書くことができます。

(2)「自惚れ」


「自惚れ」は、「うぬぼれ」と読むのが正解です!「自惚れ(うぬぼれ)」とは、”自分自身に惚れる”という漢字の通り、”実際の能力以上に自分が優れていると思い込み得意になること”です。本当はできないのにできると思っていることを、「できると自惚れ(うぬぼれ)ている」と表現することができます。

(3)「庶幾う」


「庶幾う」は、「こいねがう」と読むのが正解です!「庶幾う(こいねがう)」とは、”強く願う”や”切望する”という意味で、改まったニュアンスのある少し古風な言葉になっています。「こいねがう」にはほかにも漢字表記があり、現代では「乞い願う」と表記することが一般的です。また、現代ではあまり使われない漢字表記では、「希う」や「冀う」があり、同じ意味で使うことができます。

(4)「呻く」


「呻く」は、「うめく」と読むのが正解です!「呻く(うめく)」とは、”痛さや苦しさで低い声をもらす”ことや、”獣などが低くうなる”という意味です。たとえば、お腹が痛くて声が出ることを、「お腹が痛くて呻く(うめく)」と表現することができます。獣がうなることは、そのまま「〇〇が呻く(うめく)」と言うことができます。

読める漢字はありましたか?


みなさんは、今回ご紹介した漢字をいくつ読むことができたでしょうか。この4選はどれも難しい漢字ばかりですが、読むことができなかった漢字がある人は、これを機に読み方を覚えてみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/25 9:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます