照れくさくても!男性が【本命の彼女】にしか言えない甘々なセリフって?

拡大画像を見る


男性はなかなか愛情を感じるような言葉を口に出さないという傾向もありますが、本命の彼女に対しては、好きだという気持ちが高まって、甘々なセリフをささやいてしまうこともあります。  今回は、本命の彼女にしか言うことができない甘々なセリフについて、ご紹介していきます。彼の言葉に注目して、しっかり聞いていると、彼の本当の気持ちも分かってくるはずです。  


「君のことだけをずっと考えてた」

彼氏からいきなり、「君のことだけをずっと考えてた」と言われてしまうと、お世辞ではなく彼の本心の言葉ということなのではないでしょうか。甘く彼女への愛情表現をしているようにも感じますが、実は本音が漏れているというパターンも多くあります。 男性は一度好きになってしまうと、その人のことだけに夢中になってしまうというタイプも多いので、仕事中だとしても、趣味の時間だとしても彼女のことが不意に頭の中でよぎってしまうからこそ、ポロっと本音が出てしまうようです。 


「世界で一番かわいい」

「世界で一番かわいい」と男性が言ってきた場合は、お世辞かのように感じてしまうこともありますが、男性の本心が盛れ出てしまっているパターンが多くあります。男性は他人へのお世辞は器用ですが、彼女に対してだとお世辞が言えなくなってしまうようです。 彼女に対してメロメロな男性は、気持ちを何とか伝えようとしますが、思わず照れてしまい、本音で伝えてしまうのでしょう。 


「会えるだけでも嬉しい」

会うことが久しぶりになってきたのに、会うたびに照れくさそうにして、「会えるだけでも嬉しい」という言葉をかけてくれる男性は、彼女のことが好きすぎてたまらなくなっているのでしょう。  会えるだけでも嬉しいと言ってくれるような彼氏は、いつどんなときでも彼女と一緒にいたいと感じていて、普段からもメッセージを頻繁に送ってくる方が多いのではないでしょうか。 


照れながら言っているセリフはだいたい本音

男性は親しい間柄になっている方には、お世辞を言うことがほとんどないため、彼から普段聞いたことがないような甘々なセリフが出てくると、お世辞ではなく本音ということでしょう。 彼が照れながらも、しっかりと伝えてくれると、溢れ出た本音ということにもなるので、彼の言葉をそのまま受け入れるようにしてみてください。 


まとめ

付き合っている彼から、このようなセリフが出てくるのであれば、本気で愛してくれているということになります。  (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/25 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます