R&B界の大スター、また女性に暴行か?「つけ毛が取れた!」と通報が入る

拡大画像を見る

 16歳でデビューし、初シングルでいきなり全米チャート5週連続1位を記録したクリス・ブラウン。その後も大ヒットを連発し、これまで約40以上の音楽賞に輝いている米R&B界のスーパースターだが、私生活ではトラブルが続き、たびたび警察沙汰になっている。過去には、歌姫リアーナへのDVで逮捕されたほか、レイプ容疑なども浮上したが、今回は女性への暴行容疑で警察から取り調べを受けているという。

◆クリスの自宅から女性が通報

 先週末、ロサンゼルスにあるクリスの自宅で暴力行為を受けたと女性から通報があり、警察が現場に駆けつける騒動があった。

 関係者らが米エンタメ情報サイト『RadarOnline.com』に語ったところによると、クリスの自宅から警察に通報したその女性は、「後頭部を殴打され、つけ毛が取れてしまった」と伝えたという。

 警察はクリスを“容疑者”と特定し、現在捜査を進めている。ただ関係者らによると、その女性に目に見えるケガはなく、つけ毛だけが外れていたそうだ。

 今のところ、この件で逮捕者は出ておらず、クリスからのコメントも現時点では発表されていない。

◆先月にも自宅に警察が出動

 実は先月にも、クリスの自宅に警察が出動する事態が発生している。自宅に数百人が集まって盛大な誕生日パーティーを開催し、大音量の音楽を流して騒いでいたことから、近隣住民から騒音被害の通報が入ったのだ。

 警察側はその場に何人いたかについては明かしていないものの、自宅周辺にはおよそ300台から500台の車が停められていたという。

 この件で逮捕者などは出なかったが、駆けつけた警察によってパーティーは終了させられたようだ。

 また今年4月には、クリスの飼い犬に襲われたとして元家政婦の女性から訴えられている。昨年12月、元家政婦のパトリシア・アヴィラさんが姉妹であるマリアさんと一緒にクリスに自宅を清掃していたところ、マリアさんが犬に襲われ、重症を追ったという。パトリシアさんもその一件により深刻な精神的苦痛を受けたとして、ロサンゼルス上位裁判所に訴えている。

◆元カノを殴ったり、脅したり……私生活ではトラブルメーカー

 グラミー賞を含む計40にも及ぶ受賞歴を誇り、“R&B界のプリンス”とも称されてきたクリスだが、私生活では女性をめぐるトラブルが絶えない。

 2009年には、当時交際していた人気歌手リアーナを殴り、多数の傷を負わせた。自ら出頭したクリスはDV容疑で逮捕・起訴され、裁判の結果、5年間の執行猶予および180日間の社会奉仕などを科せられた。

 同じく、交際相手だったモデルのカルーシェ・トランに「殺す」と脅迫し、裁判所から接近禁止命令が下ったことも。

 2016年には、自宅のパーティーに参加していた女性を銃で脅して逮捕。2019年にはフランス・パリのホテルで女性をレイプした容疑で身柄を拘束された。 

 近年はヒット曲よりも、私生活上のトラブルが目立っているクリス。一方で、元恋人との間に授かった娘と息子をとても可愛がり、子煩悩なパパとしての一面も見せている。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/25 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます