自分で読める作品〜読み聞かせまで。小学1年生におすすめの本20選を男女別にご紹介

拡大画像を見る

小学1年生におすすめの本をご紹介!

文字が読めるようになってくる小学1年生の頃は、たくさんの本に触れさせたいもの。子供に読書習慣をつけたいのなら、大切な時期です。でもどんな本を選べばいいか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、小学1年生におすすめの本をご紹介。女の子にも男の子にも人気の本を20冊集めました。

低学年でも自分で読める簡単な本や、読み聞かせに向いている絵本などがたくさん。子供の好みに合わせて、選んでみてくださいね。

小学1年生におすすめの本《男女共通》

小学1年生におすすめ①世界を知ろう!

[itemlink post_id="3044702"]
読書にあまり慣れていない子供なら、目で見て楽しいこちらがおすすめ。

ポップでカラフルなイラストが子供の興味を誘います。

大陸ごとになっているページには説明文も適度にあり、絵だけでは物足りない子供でも楽しめるでしょう。

それぞれの国の主食や世界の川の長さの比べっこなど、ちょっとした豆知識が得られるのも魅力です。

小学1年生におすすめ②みんなが通る最初の本

[itemlink post_id="3044677"]
小学1年生に大人気なのが「かいけつゾロリシリーズ」。

絵本を卒業した子供が、読書好きになるきっかけとも言える本です。その秘密は、文と絵のバランスのよさ。

小学1年生頃にちょうどよい文章量の間に、謎解きやクイズが挟まれた展開は、子供達が飽きずに読み進められます。

アニメ映画にもなっているゾロリシリーズは、男の子にも女の子にもおすすめのテッパン本です。

小学1年生におすすめ③欲しいものなんでも

[itemlink post_id="3044726"]
タイトルだけでワクワクするこちらの童話も、小学1年生におすすめです。

「じどうはんばいき」という身近なものと、「まほう」というファンタジーの組み合わせが子供ごころにヒット。

字が大きく、ほのぼのとしたイラストも魅力です。

なんでも出てくる「じどうはんばいき」に何をお願いする?

そんなことを話しながら親子で読むのもおすすめ。多くの子供たちに読まれている、隠れた名作本です。

小学1年生におすすめ④十二支にネコはいる?

[itemlink post_id="3044723"]
十二支の成り立ちが書かれているこの絵本は、読書が苦手な子供もサラッと読めておすすめ。

荒井良二さんが描く個性豊かで可愛いらしいイラストも魅力です。

十二支を題材とした絵本はたくさんありますが、この本のいいところはみんなが優しいところ。

神様も動物たちも全員がほのぼのとしています。

未就学児でも楽しめる内容ですが、小学1年生頃になればより深く記憶に残るでしょう。

小学1年生におすすめ⑤ミルキー杉山が解決

[itemlink post_id="3044724"]
探偵・ミルキー杉山が事件を解決するシリーズもの。

謎とき系が好きな小学1年生におすすめの本です。

レトロな絵がかわいいこの本が、最初に出版されたのは30年近く前。

色あせないストーリーと子供にもわかりやすいトリックが魅力です。

一つの物語が短いので、読書習慣のあまりない子供でも飽きずに読めます。

小学校の図書室や図書館ではいつも貸し出し中といった人気ぶりです。

小学1年生におすすめの本《女の子》

小学1年生におすすめ⑥ネズミの家族

[itemlink post_id="3044706"]
野ネズミの大家族を描いた「14ひきシリーズ」。

やわらかな絵が小学1年生の女の子に人気です。

中でもおすすめは「14ひきのあさごはん」。兄弟たちで野いちごを採りに行き、大人たちはスープやパンを作ります。

おいしそうな朝ごはんを家族みんなで食べる様子は、読んでいて思わずにっこり。

家の中の雑貨や14ひきの細かい表情まで丁寧に描かれた絵は、何度読んでも新たな発見があるでしょう。

小学1年生におすすめ⑦おなかがすく本

[itemlink post_id="3046556"]
文章の多い本に初めてトライする小学1年生には、こちらの本がおすすめ。

子供の頃に読んでいた人もいるのでは?

かわいいおばけのアッチが食べるミートソーススパゲティ。読んでいるうちにお腹がすいてしまいます。

料理に興味のある女の子にも喜んでもらえそう。

たくさん続くシリーズは、巻を重ねるごとにアッチの成長が見られるのも魅力です。

読書の楽しさを教えてくれる名作と言えるでしょう。

小学1年生におすすめ⑧おさいほう魔女シルク

[itemlink post_id="3044736"]
女の子が大好きな「魔法」や「ドレス」がたくさん出てくるこの本。

裁縫が得意な魔女と普通の小学生が主人公です。森の中の洋服リフォーム屋さんではどんな服でも素敵なドレスに。

人気絵本作家・あんびるやすこさんが描く女の子の世界は、読書を好きになるきっかけを作ってくれる本ばかりです。

きっと目をキラキラとさせて読んでくれるでしょう。プレゼントにもぜひ。

小学1年生におすすめ⑨読むたびに楽しめる

[itemlink post_id="3044719"]
24部屋ある5階建てのマンションには、さまざまなうさぎたちがたくさん暮らしています。

この本の魅力はなんといっても、見開きページに24部屋がすべて描かれていること。

時間の経過とともに、それぞれの部屋の様子が変わっていきます。

文字はそれほど多くないものの、一部屋ずつじっくり観察するのが面白いこの本。

小学1年生ならではの楽しみ方ができるでしょう。

小学1年生におすすめ⑩不思議な本屋

[itemlink post_id="3044722"]
バイオリンのレッスンに行くのが嫌で途中下車した女の子。

そこで見つけたのは「すずめいろ堂」という不思議な本屋さんでした。

大きな文字とかわいい挿し絵で小学1年生にも読みやすく、読書好きの女の子におすすめです。

好きで始めた習い事なのにサボりたくなってしまう、そんな主人公の気持ちは大人でも共感できるのでは?

心に残る素敵な言葉もたくさん。親子で楽しんでください。

小学1年生におすすめの本《男の子》

小学1年生におすすめ⑪国旗本のロングセラー

[itemlink post_id="3044700"]
読書習慣のない子供におすすめなのが「国旗のえほん」。

30年以上人気を誇るベストセラー本です。

この本の魅力は、1ページいっぱいに大きく国旗が描かれていること。

カラフルな国旗の下には国名と首都が記載されており、とてもシンプルです。

国旗そのものを目で思い切り楽しめるのが、この本の人気の秘密。

自分で本を読む楽しさに気づく、きっかけの1冊となるかもしれません。

小学1年生におすすめ⑫子供のなぜ?を解明

[itemlink post_id="3044674"]
子供たちの日常には「なぜ?」がいっぱい。

大人になると疑問に思わないけど、子供に質問されると答えられないことってありますよね?

「さかなはねないの?」「なみだはどこからくるの?」

この本には、そんな素朴な子供の疑問がいっぱい。

大きな文字とわかりやすいイラストで楽しく読み進められます。

手軽にできる実験コーナーもあるので、親子で楽しんでみてください!

小学1年生におすすめ⑬謎ときミステリー

[itemlink post_id="3044683"]
子供探偵・ネートが数々の事件を推理する「ぼくはめいたんてい」シリーズ。

ひらがなが多く、小学1年生でも自分で読みやすい本です。子供向けとはいえ、ミステリーのストーリー展開は本格的。

親子で謎ときを楽しめます。

自分で読む読書の楽しさを気づかせてくれる、最初の1冊となるかもしれません。

事件が起こるとお母さんに置き手紙をして出かけるネートに、心が和みます。

小学1年生におすすめ⑭親友の引っ越し

[itemlink post_id="3044694"]
男の子たちの友情を描いたこちらの本も、小学1年生の読書におすすめです。

3年生になる主人公の男の子と、引っ越してしまった親友の物語。

身近な設定やセリフで、低学年でも読みやすい作品です。

子供たちのピュアな心に、大人も澄んだ気持ちに。

ストーリーはとてもシンプルながら、小学1年生の男の子にきっと響いてくれるでしょう。

プレゼントにもぜひどうぞ。

小学1年生におすすめ⑮奇跡の実話

[itemlink post_id="3044685"]
読書感想文の課題図書にもなっていたこの本は、低学年の子にぜひ読んでほしい1冊。

メジャーリーグで活躍したウィリアム・ホイ選手の人物伝です。

幼い頃から耳の障害を抱えていたウィリアム選手。

野球選手になる夢をあきらめず、実現させた姿は多くの子供に勇気を与えるでしょう。

実話の物語を知ると、読書への興味がさらに湧いてくるかもしれん。

親子で感想を伝え合うのもいいですね。

小学1年生におすすめの本《読み聞かせ》

小学1年生におすすめ⑯みんな大好き冒険もの

[itemlink post_id="3044676"]
未就学児〜低学年まで大人気の「わんぱくだん」シリーズは、読み聞かせにぴったり。

ハラハラドキドキの冒険ストーリーは、大人が強弱をつけて読んであげるとより楽しめます。

絵本の世界に入ったり、昔にタイムスリップしたりと、子供が憧れる物語ばかり。

小さな兄弟と一緒に楽しめるのもいいですね。

寝る前のベッドタイムに読み聞かせすれば、素敵な夢がみられるかもしれません。

小学1年生におすすめ⑰かわいい名作

[itemlink post_id="3044686"]
テレビアニメやキャラクターグッズでもおなじみのおさるのジョージ。

本のシリーズもたくさん出ていて、どれも楽しいお話ばかりなんです。

ジョージ以外にも登場人物がたくさん登場するこの本。

一人一人の声を変えて読みきかせするのがおすすめです。

好奇心旺盛なジョージをいつも見守る周りの人々の温かさに、大人も心が癒されるでしょう。

小学1年生におすすめ⑱不思議な呪文

[itemlink post_id="3044688"]
長く愛されるこちらの名作絵本は、まさに声に出して読み聞かせしたい本。

一人で遊んでいた少年がめちゃくちゃな呪文を叫んでみると…。

見た目はちょっとこわい?妖怪たちも、一緒に遊べばすぐに友達。

ページいっぱいに描かれた絵は躍動感に溢れ、本の中に吸い込まれそうです。

さあ、みんなで一緒に唱えましょう。「めっきらもっきらどおんどん!」

小学1年生におすすめ⑲愛情いっぱい

[itemlink post_id="3044695"]
暖かい色合いの絵が心なごむこの本も、読み聞かせにおすすめ。

ちびちびがとにかく可愛らしく、ジャングルの動物たちみんなから愛されている様子がとても温かいんです。

対象年齢の低い本ですが、慣れない小学校でがんばる1年生にこそ読んであげたい1冊。

お母さんのおひざに座って、ゆったりと読書を楽しんでください。

ちびちびの名前を子供の名前に変えて読むのもいいですね。

小学1年生におすすめ⑳等身大の番長

[itemlink post_id="3048228"]
給食をたくさん残す1年2組の子供たち。

悲しんだ給食のおばちゃんたちは「つくってももうのこすからもうつくりません。おばちゃんたちはいえでします。」

そんな手紙を残してストライキしてしまいました!

等身大の番長やクラスメイトが給食をめぐって奮闘する姿に、子供たちは興味津々です。

表情豊かでリアルな絵もとても魅力的。

「給食の大切さ」というシンプルな食育を、楽しく学べる本です。

小学1年生におすすめの本まとめ

小学1年生におすすめの本をご紹介しましたが、いかがでしたか?字を覚え、ボキャブラリーも増えてくる低学年世代は、さまざまな本に触れ合うチャンス。

その子に合った本を選んであげることで、読書の楽しさを知れます。また読み聞かせには、一人で読むのとは別の楽しさが。

一人で上手に読書ができる子にも、時々読み聞かせをしてあげると、さらに本の楽しさが広がるかもしれません。

関連リンク

  • 6/24 23:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます