久保建英がコナミとパートナー契約締結「ウイイレとともに挑戦・成長」

拡大画像を見る

 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは22日、ヘタフェに所属する日本代表MF久保建英とパートナーシップ契約を締結したと発表した。

 人気ゲーム『ウイニングイレブン』シリーズを手掛ける同社は、これまでにマンチェスター・U所属のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、バイエルン所属のカナダ代表DFアルフォンソ・デイヴィスといった若き選手たちと契約。久保個人とも契約に至った。

 久保は契約に際し、「この度、『ウイニングイレブン』シリーズとパートナーシップ契約を締結し、サポートいただけることになりました。今後は、ウイニングイレブンとともに、挑戦・成長して参ります」とコメントを寄せている。

 今回の契約に伴い、家庭用ゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』およびモバイルゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2021』でのキャンペーンや、SNSでの応援キャンペーンも開始される。

関連リンク

  • 3/22 10:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます