世帯年収1500万円超の生活「車は外車、レクサス、ランクルと3年おきに乗り換えています。普段はなるべく安いスーパーを利用」

拡大画像を見る

このシビアな時代のため、年収1500万円以上でも質素な生活を送る人は多い。都内に住む40代男性(金融・保険系/世帯年収1900万円)は、夫婦共にベンチャー企業で働いており、その将来性について「永続するとは考えていない」と綴り、「使うお金は私の収入分だけ」と明かす。生活感については、

「子どもは2人。これから教育費がかかるため、妻の収入は、老後資金も含めて全額貯金している。車はカーシェアだし、ブランド品はほとんど持っていない。その分、食材にお金をかけることもあるが、それも月に一度くらいだし『外食の代わりに』という感じ」

とコメントしていた。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

高級車に乗っていても「無駄遣いをしないよう心がけています」

「徐々に年収が増え、世帯年収2000万円を超えました。夫婦2人暮らしのため、何でも買える状況です」と語るのは、大阪府の40代女性(不動産・建設系)。経済的な余裕がうかがえるが、こちらも冒頭の男性と同じように、老後を考え「私の収入は手をつけていません」と明かす。

「私は年収500万円ですが、その分を貯蓄に回しています。車は1台所有。3年おきに外車、レクサス、ランクルという感じで乗り換えています。ブランド品の購入、旅行や外食も適度にできています」

とはいえ税金が高いため、節税対策も意識的に行っている。高価な物を買う際は、必ずリセールや資産価値の算段をつけてから購入するのだ。また、普段の買い物ではコンビニを使わず「なるべく安いスーパーを利用しています」といい、「無駄遣いをしないよう心がけています」と語った。

「今の収入が続くとは限らない」

商社に勤務する都内の40代女性は、夫婦共働きで世帯年収1500万円。2人の子どもがいる。家事の負担を減らすために「外食やミールキットを活用中」と綴る。一方で「可能ならアーリーリタイアをして社会貢献活動をしたい」という目標があるため、節約も欠かしていない。

「今の収入が続くとは限らないから、子どもの学費と老後のために貯蓄している。海外旅行は、ここ20年間で2回のみ。普段の旅行はもっぱら車移動できるほどの近場で、できるだけ安い宿泊先を探す」

ほかには、

「子どもは1人。田舎に住んでいるため、そもそもお金を使う機会が少ない。ちょっと高めの外食をしようものなら、近場にないため宿泊がセットになってしまう。そこが面倒くさい。ただ海外旅行でビジネスクラスを利用できるくらいのお金はある。車は新車で購入した800万円台の外車」(50代女性/佐賀県/正社員/世帯年収1600万円)

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

関連リンク

  • 6/25 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます