【宝塚記念 調教後馬体重】クロノジェネシスは482kg、レイパパレは442kg

拡大画像を見る

 JRAは24日、6月27日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)に出走する各馬の調教後馬体重を発表した。

 昨年に続く連覇がかかるクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)は23日計量で482kg、大阪杯に続くGI連勝を目指すレイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)は24日計量で442kg。

※馬名、調教後馬体重(前走馬体重)、計量日、計量場所
ユニコーンライオン 530(528) 6月24日、栗東
レイパパレ 442(422) 6月24日、栗東
メロディーレーン 350(346) 6月24日、栗東
ワイプティアーズ 538(532) 6月24日、栗東
アドマイヤアルバ 472(468) 6月23日、美浦
シロニイ 522(502) 6月24日、栗東
クロノジェネシス 482(前走海外) 6月23日、栗東
カデナ 498(480) 6月24日、栗東
アリストテレス 480(474) 6月23日、栗東
カレンブーケドール 488(480) 6月24日、美浦
モズベッロ 502(486) 6月23日、栗東
ミスマンマミーア 462(460) 6月24日、栗東
キセキ 520(504) 6月24日、栗東

関連リンク

  • 6/24 19:54
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます