左右合わせて60キロに 多発性嚢胞腎で膨れ上がった腎臓に苦しむ男性(英)

拡大画像を見る

英バークシャー州ウィンザー在住のウォーレン・ヒッグスさん(Warren Higgs、54)が患う多発性嚢胞腎は、左右の腎臓に体液の溜まった嚢胞が多数発生しそれらが徐々に大きくなることにより腎臓の機能が低下していく病気だ。

遺伝性疾患である多発性嚢胞腎の患者数はイギリス国内で約7万人となっており、日本国内でも難病に指定されている。

通常の腎臓の大きさは握りこぶし1つ分とよく表現されるが、ウォーレンさんの最新の検査では腎臓が右は49×28センチ、左が42×27センチと異常な大きさにまで肥大化している。これは通常サイズの約5倍にもなるという。

現在の世界記録はインドにて摘出された腎臓で重さは7.4キロあったそうだが、ウォーレンさんの左右の腎臓はそれぞれ約30キロあると担当医はみており、摘出されれば記録を大きく更新することになる。

「こんな記録を持って生活したいなんて、誰も思わないですよ。本当に最悪です。多発性嚢胞腎は文字通り私の人生の全てを奪いました。」

そのように悲痛な思いを述べるウォーレンさんは、35歳の時に多発性嚢胞腎を発症したという。当時はその影響で脳卒中を起こしてしまい、右半身に麻痺が残ってしまった。

その後、ウォーレンさんは6回の脳卒中に襲われ、5年前には交通事故にも遭ってしまい脳にダメージが残ってしまった。また肺炎になったり、別の事故で肋骨を骨折するなどの不運が続いた。それでも腎臓の肥大化は止まらず、今まで使っていた車イスが使えなくなってしまうほどに成長してしまったのだ。

多くの不幸に見舞われたウォーレンさんは来月に摘出手術を予定しているそうで、現在は壊れてしまった車イスに代わって、術後の移動補助に使用するための電動リカベントトライク(仰向けの状態で移動が可能な三輪車)を購入するための資金集めをしているという。

「今も肥大化を続ける私の腎臓は肺や胃を押し潰し、今では心臓までも押し潰そうとしています。動くことも息をすることもままなりませんし、本当に何もできないんですよ。恐ろしい病気です。」

そんなウォーレンさんのために地元のタクシー会社「Windsor Cars」と、様々な理由で公共交通機関を利用できない人を支援する慈善団体「Driven Forward」が協力してクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で募金ページを立ち上げた。

そこには「ウォーレンさんはいつも自分のことより、助けを必要としている地域の人に手を差し伸べる方法を考えているようなポジティブな人です。リカベントトライクはウォーレンさんの人生を大きく変えることになると思います」などと、これまで地域に貢献してきたウォーレンさんのために何かしたいという思いが綴られていた。

ちなみにウォーレンさんは「無事に腎臓を摘出できたら家に持って帰りたいと考えているんだ。でもそれはできないみたいで残念だよ」と話しており、ついに摘出できることで前を向いているようだ。

画像は『Mirror 2021年6月21日付「Brit with ‘world record’ giant kidneys set for operation to stop them crushing his lungs」(Image: Facebook)(Image: Warren Higgs)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/24 21:34
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます