相葉雅紀、櫻井翔がNHK東京五輪ナビゲーター 嵐ファン「それなら見る」

拡大画像を見る

嵐の相葉雅紀さん、櫻井翔さんが「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に決まった。

当初2020年夏に開催が予定されていた東京五輪は、嵐の5人がナビゲーターを務めることになっていた。しかし、新型コロナウイルスにより開催は1年延期に。嵐は21年からグループの活動休止に入り、どうなるのか注目されていた。

「櫻葉コンビ」での起用に喜び

相葉さんと櫻井さんの就任は、NHKが6月23日に発表した。相葉さんは、「サンデースポーツ」や「グッと!スポーツ」などNHKのスポーツ番組で5年にわたりアスリートと交流を深めてきた。櫻井さんは、「news zero」(日本テレビ系)でキャスターを務めており、これまで何度も五輪やアスリートへの取材を積んできた。

ツイッターには「櫻葉コンビ」での起用を喜ぶ投稿が。現在2人は炭酸飲料「三ツ矢サイダー」のCMでも共演している。

さらに、2021年6月24日付「日刊スポーツ」(電子版)は、「NHK2020ソング」として書き下ろされた楽曲「カイト」は継続して使用されると報じている。嵐5人が歌うカイトが番組などで流れれば、ナビゲーターは2人でも、歌声で5人を感じられる。

番組MC、アスリートの活躍伝える

東京五輪は、2021年7月23日に開会式を迎える。新型コロナウイルスのワクチン接種が進むが、五輪までには到底国民全体には行き渡らない。感染の再拡大も懸念される。不安が残る中での開催に、今もなお大会中止を望む声が後を絶たない。

それでも、相葉さんと櫻井さんのナビゲーター就任効果は絶大のようだ。ツイッターには、この2人が就任したから興味がなかったが見る、東京五輪には反対だけど、2人が頑張る姿は応援したい、そんな心境をファンが投稿していた。

相葉さんと櫻井さんは、ナビゲーターとしてどんな活動をするのか。NHK公式サイトによると、東京五輪・パラリンピックの期間中、2人はNHKの番組でMCを務める。特設スタジオなどから、大会の模様や競技の見どころ、東京五輪を目指して困難と向き合ってきたアスリートたちの活躍を伝えていくそうだ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/24 20:40
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます