自宅に眠る“錫製品”を回収!「能作 錫リサイクルプロジェクト」始動


錫の「曲がる器」で知られる鋳物メーカー「能作」は、自宅で使用されなくなった同社の錫製品を回収しリサイクルするプロジェクト「能作 錫リサイクルプロジェクト」を、7月1日(木)~31日(土)の期間限定で実施する。

自然環境・社会に配慮したものづくり


「能作」の錫製品は、ほとんどのものが錫100%製。


錫以外にほかの金属を加えていないため、リサイクルが容易で、製造現場では製造工程で出る金属片を溶かして再利用している。

また、生型鋳造で使用する砂も繰り返し使用するなど、主として使用される原材料がすべて再利用可能。環境に優しい製造方法を実践し、「誰もが住みやすく笑顔になれる社会を」をスローガンにさまざまなSDGs活動に取り組んでいる。

役目を終えた「能作」の錫製品を回収

「能作 錫リサイクルプロジェクト」は、役目を終えた錫製品を「能作」へ送ることで、気軽にSDGs活動に参加できる持続可能な参加型プロジェクト。参加者には、送った錫製品の重さに応じて、買い物に利用できるポイントまたはギフトチケットがプレゼントされる。

なお、対象となるのは、ヘバーデン リングを除く「能作」の錫製品のみ。

参加方法は2通り

参加方法は、公式オンラインショップから申し込みをすると専用袋と着払い伝票が届くので、それを利用して送付すればOK。重さに応じてポイントをプレゼントする。

また、富山県高岡市の本社FACTORY SHOPへの持ち込みも受け付けていて、こちらは重さに応じてギフトチケットがプレゼントされる。

プレゼントは、錫製品の重さが500グラム未満で500ポイント/ギフトチケット500円分、500グラム以上1,000グラム未満で1,000ポイント/ギフトチケット1,000円分、1,000グラム以上で2,000ポイント/ギフトチケット2,000円分。


回収した錫製品は、「能作」の職人が新たな命を吹き込み、スプラウトプランターに生まれ変わって10月に発売される。

画像をもっと見る

  • 6/24 16:15
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます