あいさつしても無視…私が契約社員だから?さげすまれてツラい

拡大画像を見る

<みきーるの女子マインド学>

 緊急事態宣言が解除された地域もあり、テレワークから通常出社に切り替わった職場もありますね。職場の仲間と再会できるのが楽しみな人もいる一方、こんなお悩みもあるようです。

◆あいさつしても無視されます

Q.私が契約社員だから? あいさつを返してくれないのはなぜ?

「あいさつしても返してもらえない人ってけっこういるんでしょうか? 契約社員として転職しましたが、正社員のAさんに“おはようございます”と言っても返してもらえず、居心地の悪い思いをしています。まだ入ったばかりで諍(いさか)いも何もないし、どこかさげすまれているようでつらいです」(ナミコさん)

◆社会人としてどうなの?

A.あいさつを無視すること=“弱虫さんの自己紹介”なのです。

「あいさつを返さない人に接して、悲しくなってしまった」という方は、少なくないかもしれませんね。私の友人も、異動先の部署に出社した際、「“おはようございます”とあいさつしたのに、じとっと見るだけで無視され、“社会人としてどうなの?”と腹立たしく思ったことがある」と言っていました。

 その人とトラブルがあったとか、口を聞きたくない特別な理由もないのに“あいさつを返さない”ことには、どんな意味があるのでしょうか?

 ――実は、あいさつを無視すること=“弱虫さんの自己紹介”なのです。

 たとえば、出社して「おはようございます」とあいさつすることには、「今日も1日よろしくお願いします」という気持ちが込められていると思います。これに返さないというのは、なかなかに下品。こういうことをする人は、「自分のほうが上だから、あいさつする必要はない」、「なんとなく嫌いだから、あいさつもしない」などと思っているようです。とても浅はかで、残念な考えです。

◆セコすぎて情けない

 先の友人の部署の話ですが、彼女がふと同僚たちのおしゃべりを耳にした際、彼らは「派遣とかバイトとか新入りとか、取り合うヒマないよな」などと話していたそうです。彼女は“新入り”だったから無視されたのでしょう。

 立場の違いとか、働き方の形とか、おもねって得する相手かどうかを値踏みしてあいさつするかどうか決めるなど、セコすぎて情けない気持ちになってきます。あいさつをしないことで相手を下げた気になって、「私はあの人より上」などと勝手なジャッジをしているなんて、どれだけふてぶてしい弱虫さんなんでしょう?

◆無視し返すのはNG

 ナミコさんには、彼らと同類になってほしくありません。

「無視されたから、無視仕返す」というのは幼稚です。きちんとあいさつできることは、品格の表れ。Aさんへの媚びではなく、“職場”に「今日もよろしく」と告げる気持ちで、凜々しくあいさつすればいいと思います。

 Aさんが「また無視してやった」などとほくそ笑んだところで、人としての醜さは増すばかりではないでしょうか。もう一度言いますが、無視=弱虫さんの自己紹介。そんな人に引きずられず、上品で素敵なあいさつができる人でいてくださいね。

<文/みきーる>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

関連リンク

  • 6/24 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます