山田孝之vs高橋克典『イケメンタル』予想外の死闘に「次は唐沢寿明」の声

拡大画像を見る

 俳優の山田孝之(37)と高橋克典(56)が6月19日放送の『まっちゃんねる』(フジテレビ系)に出演。予想外の笑いの破壊力を発揮し、MCを務めるダウンタウンの松本人志(57)らを驚かせた。

 この番組は、松本が“面白いと思うこと”をテレビで実験していくバラエティの第2弾。松本発案の密室笑わせ合いサバイバル番組『ドキュメンタル』(Amazonプライム・ビデオ)の女性タレント版「女子メンタル」の第2回大会と、新企画「イケメンタル」の初回大会が放送された。

 山田と高橋が参戦した「イケメンタル」では、イケメン芸能人たちが本気の笑わせ合いバトルを展開。2人のほか、俳優の武田真治(48)、モデルのJOY(36)、声優の木村昴(30)、北海道のボーイズユニット・NORDの島太星(23)という、世代もキャリアも異なる各界のイケメンが登場した。

 収録スタジオに高橋が登場すると、別室で見届けていた千鳥の大悟(41)が「あかん、あかん、優勝やん!」と驚がく。松本に出演理由を問われると、高橋は「僕、56歳になって、事務所が“これ以上、どうやっておまえを売ったらいいのか分からない”って」と、自虐気味に語った。

 そして最後に、大きなボストンバッグを2個も引っ提げて山田が登場。松本が「ワケ分かんない」と驚くと、VTRで「イケメンって言われると非常に参加しづらいんですけど」「ご覧の通り感情がないので絶対に笑うことがない」と、山田のコメントが紹介された。

■振り切った山田孝之と高橋克典

 今回のバトルは、笑ってしまった度合いに応じて“イエローカード”か“レッドカード”が提示され、退場するというルールなのだが、序盤の攻防で高橋に2枚目のカードが出そうになり、早くも退場のピンチが。高橋はふだんから穏やかに笑っている表情であることが災いしてしまった、と反省した。

 そんな高橋は、仕切り直してボーリングのピン姿の着ぐるみで登場。ヘリウムガスを吸った高い声で「なんだこれ」とつぶやくと、山田がわずかに笑ってしまってイエローカードが。厳しい判定に山田は「気が引き締まります」と反省しつつ、「今ぐらいはイケると思ったんだけど」とボヤいた。

 続いて、高橋は主演ドラマ『特命係長 只野仁』(テレビ朝日系)のコスプレで登場し、ティアドロップのサングラスをヒモで操作して、まぶたに描いた目をチラ見せするという、お笑いタレント・くまだまさし(47)のサングラス芸の合わせ技を披露。さらに、高橋はガタガタの付け歯まで仕込んでいて、リスの着ぐるみ姿でマシュマロを口いっぱいに含んで笑いを取ろうとしていた武田を、ギリギリまで追い込んでいった。

 その後、各人がボケの攻防を見せるなか、山田は、主演ドラマ『全裸監督』(Netflix)の白いブリーフ1枚の姿で登場。さらに「シンクロやらない?」と全員に呼びかけるという、主演映画『WATER BOYS』のセリフの合わせ技で圧倒した。

 一同を床に寝かせると山田の独壇場で、カメラを肩に『全裸監督』の口調で攻めまくり。さらに、「おまえらナメてただろ?」「おまえはもう帰れ! バカみたいな顔しやがって!」と、急にブチ切れてみせると、松本が「ヤベえなコイツ」と爆笑した。

■俳優陣が続々と参戦か

 結局、高橋はなんでもない普通の会話でうっかり笑ってしまい、松本に「もったいない、優勝候補だったんですよ!」と惜しまれつつ、残り32分で退場。最後は山田と武田の一騎打ち状態になる中、山田が「イケメンタル」初代チャンピオンに輝いた。

 バトルを終え、松本は「芸人の境界線を乗り越えてきやがった」とコメント。うれしい悲鳴ではあるが、お笑い芸人もウカウカしていられない、革命的な番組になったと振り返り、「またの機会をご期待ください」と語っていた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「演技力ムダに使って真顔で暴走する山田さん最高。シュールなお笑いセンスで山田さんに勝てる人いる?」「高橋克典さんが最後まで残って、もう一つ二つ何かやってくれたら優勝できたんじゃないかと思ってます」などと、ほとんどが山田と高橋を称賛。

 また、次回があるのなら出てほしい俳優として、唐沢寿明(58)、大泉洋(48)、北村一輝(51)などの名前が挙がっていた。このゲームは、笑いのセンスプラス演技力、自己プロデュース力が必要なので、シリアスからコメディまで演じ分けられる、多才な俳優陣の投入はありえなくはないかも?

関連リンク

  • 6/24 14:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます