「男の手料理」を振る舞ったとき、男性が凹む女性のリアクション9パターン

「料理男子」ブームにのって、男性が料理を振る舞ってくれる機会があるかもしれません。もし男性の手料理がマズかった場合、どうリアクションすれば傷つけずに済むのでしょうか。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「『男の手料理』を振る舞ったとき、男性が凹む女性のリアクション」を紹介します。

【1】一口食べて苦笑いする
「表情に出ちゃうくらいマズいのか」(20代男性)と、食べた後に女性が見せる苦笑いに、男性は否定の意を感じるようです。苦笑いは不意に出てしまうものなので、思わずしてしまったら「舌噛んじゃった」など、料理とは別の理由で苦笑いしたことにしてごまかしましょう。

【2】料理の匂いを嗅いでから食べる
「料理に対する信用がまったくない感じがする」(30代男性)というように、食べる前に匂いを嗅ぐ女性を見て、「俺の料理、警戒されてる!?」と思う男性もいます。つい匂いを嗅いでしまったら、「いい匂いだね」とフォローの一言を入れれば、男性は喜ぶでしょう。

【3】料理の感想などを言わず黙々と食べる
「反応が素っ気ないと作りがいがない」(20代男性)というように、手料理を食べての感想が一言もないと、男性は「頑張って作ったのに」とやる気を失くしてしまいます。ただ一言、「おいしいよ、ありがとう」という言葉を聞けるだけで、男性は満足するでしょう。

【4】食べる前にソースやしょうゆをドボドボかける
「一口くらい俺の味を食べてほしい」(20代男性)というように、料理に大量の調味料をかけられると、男性は「俺の料理が…」とガッカリするようです。まずは一口食べ、どうしても調味料が欲しい場合は「このままでも十分おいしいんだけど」とフォローを入れつつ、男性に許可を得ましょう。

【5】「ダイエット中なんだ」と、料理を大量に残す
「残すくらいマズいのかって不安になる」(20代男性)というように、食事を中断する女性の言い訳に対し、男性は「本当はマズいからだ」と思うようです。本当にダイエット中なら、作る前に「少なめにして」とお願いすれば、男性との間に誤解が生じないでしょう。

【6】「ごめん、食べてきちゃった」と、食べるのを断る
「せっかく作ったのにショック!」(10代男性)と、自慢の手料理を女性に断られると、男性は深い傷を負ってしまうようです。満腹の状態だったとしても、「せっかくだから、ちょっと食べようかな」と少しでもいいので箸をつければ、男性の機嫌を損ねないでしょう。

【7】食べた後に料理を無理やり流し込むようにすぐ水を飲む
「無理して食べられると、自信がなくなる」(10代男性)というように、料理を食べてからすぐに水を飲む女性を見て、料理の腕を否定されたように感じる男性もいます。口に入れたら数回噛み、味わっていることを見せ、男性の自尊心を傷つけないようにしましょう。

【8】「あたしならこう作るな」と、長々とアドバイスする
「ありがたいけど、しゃくに障る」(20代男性)と、女性のアドバイスを、うっとうしく感じる男性もいるようです。「○○君の味付けって薄めなんだ」のようにまずは個性を受け入れ、「濃いほうがいいかな?」などアドバイスを求められた場合にのみ答えるほうが2人の仲は深まるかもしれません。

【9】「個性的な味だね」と、無理のある言葉で褒める
「気を使わせていることに凹む」(20代男性)と、女性の気遣いがうっすら見える褒め言葉に対し、申し訳なさを感じる男性は多いようです。もし口に合わなかった場合は、無理に褒めるより、「ごめん、私はちょっと苦手かも」と素直に言うのも優しさといえるでしょう。

「『男の手料理』を振る舞ったとき、男性が凹む女性のリアクション」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/24 12:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます