安住紳一郎アナ「新番組」金曜日代役は香川照之!?『半沢』大和田常務MC案浮上!

拡大画像を見る

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(47)が、『あさチャン!』の後番組として、今秋からスタートする平日早朝の新情報番組のMCに就任する。その放送を前に、同局内ではさまざまな調整が進められており、6月23日の『スポニチアネックス』では、安住アナが金曜は休む方向で調整しており、月~木曜の異例の体制を取ると報じている。

「これは、安住アナの土日のレギュラー番組継続と、新番組を両立させるための特別措置ですよね。現在、安住アナは土曜に生放送の『新情報7daysニュースキャスター』で進行を務め、日曜のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』の生放送に出演しています。さらに、土曜は隔週で安住アナが進行を務める『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の収録もありますからね……」(制作会社関係者)

 前出の『スポニチアネックス』の記事では、新番組は月~木曜を安住アナが、金曜は別のアナウンサーがMCを務める方向で調整が進められていると伝えている。

 その金曜日のMC候補として、意外な大物の名前が挙がっているという。前出の制作会社関係者が続ける。

「実は、金曜のMCを俳優の香川照之さん(55)が務める案が浮上しているといいます」

■TBSドラマに大貢献&東大卒の香川照之に白羽の矢!?

 香川はこれまで、視聴者に強烈なインパクトを残した『半沢直樹』での大和田常務役をはじめ、『ルーズヴェルト・ゲーム』『99.9―刑事専門弁護士―』『小さな巨人』『集団左遷!!』など、数々のTBSドラマに出演してきた。10月から日曜日夜9時に放送される小栗旬(38)主演の大作ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』にも出演することが明らかになっている。

 しかし、香川は九代目市川中車として歌舞伎の世界でも活躍するなど、非常に多忙。早朝の情報番組のMC候補に挙がっているとは驚きだ。

「ただ、香川さんは東京大学文学部社会心理学科卒業のインテリでもありますし、『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)ではMCを務め、圧倒的な評価を受けています。また、昨年10月にTBS系で放送された『クイズ!!試験に出るニュース』では、同じく東大卒のクイズ王・伊沢拓司さん(27)とともにバラエティ初MCも担当したほか、数々のドキュメンタリー番組などでもナビゲーターを務めてきました。

 トヨタ自動車の『トヨタイムズ』のCMからもうかがえるように、弁が立ってユーモアも抜群。経験も実績も十分と言えるでしょうね」(前出の制作会社関係者)

■“ドラマのTBS”を押し出すために香川照之を起用!?

 香川といえば歴史的ドラマ『半沢直樹』で、大和田常務役を熱演。原作では大和田常務は続編には登場しないはずだが、堺雅人(47)演じる主人公の半沢直樹以上の強烈な存在感から、ドラマ第2弾にも登場。TBSに大いに貢献した役者ということで、香川が新番組のMCに抜擢されることも合点がいく。

 しかし、香川が朝の情報番組の金曜日MC候補に挙がっている理由はそれだけではないようだ。民放キー局ディレクターはこう話す。

「安住アナの新番組は報道番組ではなく、『ZIP!』(日本テレビ系)のような情報番組寄りの内容になると言われています。それは、13~49歳の“コア層”、若い視聴者を取り込みたいという思惑があるかでしょう。

 TBSには『半沢』のような硬派なドラマもありますが、『逃げるは恥だが役に立つ』や『恋はつづくよどこまでも』、『私の家政夫ナギサさん』といった若い女性、コア層に人気のドラマも数多い。

 今、TBSは局の方針として“ドラマのTBS”というカラーを全面に押し出し、コア層視聴者の獲得を目指していると言われています。そのため、これまで数々のTBSドラマで大活躍してきた香川さんに白羽の矢が立った、という可能性もあるでしょうね」

■『半沢』&『逃げ恥』演出家の役員待遇昇進からうかがえるTBSのドラマ厚遇

 TBSの7月1日発令の人事で、『半沢直樹』や『下町ロケット』、『ノーサイド・ゲーム』などの演出を務めた福澤克雄氏(57)が「コンテンツ制作局ドラマ制作部エキスパート職(役員待遇)」から「コンテンツ制作局ドラマ制作部エキスパート職(上席役員待遇)」に昇進するという。

 また、『逃げ恥』や『カルテット』、『凪のお暇』の演出、今年1月29日に公開され、興行収入35億円超の大ヒットとなった菅田将暉(28)と有村架純(28)のW主演映画『花束みたいな恋をした』で監督を務めたの土井裕泰氏(57)も、今回の人事で「コンテンツ制作局ドラマ制作部エキスパート職(局長待遇)」から「コンテンツ制作局ドラマ制作部エキスパート職(役員待遇)」に昇進する。

「福澤氏が上席役員待遇、土井氏も役員待遇に昇進。そのことからも、TBS上層部がドラマ部門を厚遇していることがうかがえますよね。安住アナの新番組もコア層を意識した情報番組寄りの内容になるというのも局の方針でしょう。もし、新番組が報道番組寄りだったら、さすがの香川さんでもMCを務めるのは厳しい。報道番組となると、やはりアナウンサーが進行を担う必要がありますからね。

 しかし、情報番組でしたら『ZIP!』で風間俊介さん(38)が月曜パーソナリティを担当しているように、タレントと局アナというコンビで番組が成立します。

 ただ、労働基準法を順守するために安住アナが働けない1日を、安住アナの後輩アナウンサーで埋めるのではなく、スター役者である香川さんを起用しようとしているというのは、それだけ、TBSが秋から始まる新番組に本気で注力しているということですよね」(前出の民放キー局ディレクター)

 安住アナ不在の金曜日は香川がMCを務め、安住&香川の超豪華コンビで、TBSが平日朝の視聴率戦争を制する!?

関連リンク

  • 6/24 11:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます